2015/10/29

ありし日のダンス部  クラブ

 現在、12月5日(土)に実施される体験入学説明会に向けて準備を進めているが、その中で自分が担任した32期生が3年時の文化祭の写真をみる機会があった。

 下は、2008(平成20)年10月文化祭での総勢7名のダンス部。

 2004(平成16)年頃、29期生の女子生徒が発起人となり、顧問探しから始めてダンス同好会としてスタート。当初は部員数も少なく、32期生は最終的に部員1名となり、おのずとキャプテンとなった彼女は「やめたい」「しんどい」「下手くそやのにキャプテンやなんて」と悩みながらもなんとか最後まで責任を果たし、この写真の文化祭の演技で引退した。その後、看護学校に無事合格、現在は某大病院で看護師として働いている。

 2枚目の現在のものと比較して、隔世の感がある。

 今や多くの部員を擁し大阪府代表の常連となったダンス部であるが、(これはどの組織にもいえることだが)誕生当初は部員確保や顧問探し、試行錯誤の練習方法など多くの困難を抱えていた。それを乗り越えた君たちの先輩や顧問の先生方、コーチの方々の「汗と涙」があればこそ、今のダンス部があることを忘れてはならない。

 遠征費や衣装費を出してくれている保護者の方々も加えて、君たちを支えてくれている周囲の人々に感謝。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

(追伸)この2枚の写真を見くらべて「部員数」の違い以外に何か気付いたことはないか?

 明らかに舞台の照明が明るくきれいになっている。今年8月、柴島高校同窓会の先輩方のご好意により、老朽化した照明に変わり最新式のLED照明が同窓会費より購入された。

 照明を担当した先生や演劇部&軽音楽部の部員たちは、その扱いやすさに感動したのではないかと思う。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ