2016/3/8

紅白梅図屏風  学校紹介

 昨日までつぼみ状態だった白梅が、今日午前中のうちに一気に開花した。この開花のスピードが信じられない。植物が持つ生命力にただただ驚くばかりだ。

 江戸時代18世紀前半、装飾画の大家・尾形光琳は、京都の自宅にて開花したこんな紅梅&白梅をみて、名作『紅白梅図屏風』の発想が浮かんだのかもしれない。

 紅梅と白梅を並べて植えた先人のセンスに敬意を表したい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 『紅白梅図屏風』 尾形光琳 MOA美術館 国宝 156.0×172.2

クリックすると元のサイズで表示します



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ