2016/3/21

どこか寂しげな犬千代の後ろ姿  学校紹介

 なんか知らんけど犬千代が元気がない。ボーッと青空に浮かぶ雲を眺めている。そして何かつぶやいた。

クリックすると元のサイズで表示します

おうい雲よ
ゆうゆうと
馬鹿にのんきそうじゃないか
どこまでゆくんだ
ずっと淀川の方までゆくんか

着想 『空』 山村暮鳥(1884〜1924年)

※なおこの犬千代のつぶやきは、原作『空』の詩の中にある「磐城平(いわきだいら)」を「淀川」に変えただけ。犬千代文学シリーズ最大の駄作である。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ