2016/9/16

先輩 K先生  学校紹介

 さきほどのブログにもあったように「先輩 K先生の映画学ガイド」という新しいカテゴリが立ち上がった。

 自身のプロフィールにもあったように彼は本校30期生の卒業生であり、大学卒業後に普通高校で勤務した後、2015年4月、2校目の勤務校として母校に戻ってきた。本校創立以来初めての卒業生教諭である。

 自分は彼を直接教えたことはないが、和太鼓部OBで国語で教員採用試験に合格した卒業生がいることは知っていた。彼のように卒業生が母校で教えている姿を見ることは本校教師として非常に嬉しいことで、後輩である生徒たちにも何かしらの励みになるはずだ。

 自分はいくら頑張っても本校の卒業生になることはできない。卒業生の強みは、ひとりひとりの違いを認めあおうとしてきた総合学科である本校の雰囲気を、生徒の立場で、しかもこの10年以内に体感したことにある。今後そんな卒業生が増えることを願うばかりだ。

 さて題名の「先輩 K先生の映画学ガイド」であるが、これはブログを担当している自分が決めた名前で、先輩である彼自身が「先輩 K先生」とつけたのではない。この点は生徒のみんなにも理解しておいてほしい。

 大阪の公立高校は、9学区から4学区、そして府下全域が1つの学区になったことで、より多くの中学生やその保護者に高校の教育活動を知ってもらうことが大切になってきた。

 ブログで本校の教育活動の内容を紹介し続けることで、一般にはあまりなじみのない「総合学科」の理解が少しでも深まるはず。それには毎日は無理としても、習慣的にチェックしてもらえるような面白い内容でなければならない。

 ブログの担当者が多ければ多いほどバリエーションに富んだ内容となり、そのバリエーションがブログの活性化につながる。いつも同じ文体や内容の記事をいくら毎日更新しても、読む方も書く方も疲れるだけである。

 幸い本校では部活動の顧問や担任、個人のカテゴリを持っている人など、多くの先生方がブログの記事を書いてくれている。その記事の中には、生徒の皆さんに伝えたい、思い出として残したいというような何らかのメッセージが込められている。

 今後とも「柴高の毎日」をよろしくお願いします。 



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ