2017/11/20

マドモワゼルOKAのフランス語(9)  マドモワゼルOKAのフランス話

Bonjour ! ça fait longtemps.
お久しぶりです。

 日に日に寒くなり、ホットチョコレートが美味しい季節になってきました。

 さて一年に一番チョコレートを見る日といえば、私はバレンタインデーを連想します。最近ではサロン・デュ・ショコラというチョコレートの祭典が百貨店を始め色んな場所で開催しています。

 もともとはフランスの祭典で、開催される日はバレンタインとは関係なく…。秋なんです。ということで、今日はこの祭典についてをご紹介します。

 フランス パリで開催されるsalon du chocolat は、毎年10月の後半から11月にかけて5日間実施されています。今年は、10月 28日 〜11月 01日までありました。

 今年の出展者は約700、そして世界各国の220のショコラティエやパティシエがブースを開いています。ブース内にはショコラティエ本人がいることも多く、一つ一つ丁寧に説明してくれます。もちろん、試食もできるようですが、こちらは要交渉です。

 交渉する前に必ずこちらからBonjourと言いましょう!その後の接客がとても良くなります。

 フランスでは、お客が先にお店の方に挨拶をする習慣があるようで、挨拶をしないでいると、とても印象が悪く思われてしまうので要注意です。フランス語が分からなくても、挨拶をするだけで対応が大きく変わります。

 このことを知らず、以前私は挨拶なしで何度かお店に入ったことがありましたが、 特に接客が変わらないときもあれば、とても冷たく感じる接客もありました。例えばいくら呼んでも注文を聞いてもらえない、後ろに並んでいる地元の人を優先する、、など。

 この作法を教えてもらった後、同じお店でこちらから挨拶を"必ず"するようになってからは、笑顔で、そして地元の方と同じように接してくれるようになりました。人によるかとは思いますが、挨拶はどの場所でもとても重要です。

 さて祭典の話に戻りまして、食べるチョコレート以外にも見て楽しむものもたくさんあります。


 チョコレートでできているエッフェル塔

クリックすると元のサイズで表示します

 ケーキをモチーフにした石鹸

クリックすると元のサイズで表示します

 マドレーヌなどの型 

クリックすると元のサイズで表示します

 靴も洋服もすべてチョコレート

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 チョコレートのオブジェ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 写真はすべて2015年のsalon du chocolat

クリックすると元のサイズで表示します

 à bientôt .



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ