2019/6/26

授業紹介:商品開発@  授業・HR

 2・3年生は後期の科目選択変更、1年生は2年間の科目選択を考える時期になりましたね。 毎年、いろいろな機会で「商品開発」の授業について質問を受けることが多いので、どのような授業なのか紹介したいと思います。
 ”商品開発”は、「高校生に和菓子を好きになってもらいたい!」という熱いお気持ちがある東淀川区の和菓子店「菓匠 あさだ」さんの全面協力のもと、”2月の遊菓”を班で企画し、販売戦略を考える授業です。将来商品企画の仕事に就きたいと考える人にとって、とてもやりがいのある内容だと思いますが、実際に製造・販売する商品を考えていくわけですから、周囲と協力し役割をきちんと果たす責任が求められます。また協力していただく「菓匠 あさだ」さんには多忙のなか様々な助言や支援を頂きますので、礼儀や挨拶はもちろんのこと感謝の気持ちと真摯な態度で臨んでいただきたいです。和菓子が苦手だという人ほど本物の和菓子に触れる貴重な機会だともいえます。
 今年の遊菓 ”陽の実”  (※試作品の画像です)
クリックすると元のサイズで表示します
次回は、授業の流れについて紹介します。 



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ