2019/10/29

子どもの発達と保育「遊びを考える」  授業・HR

先日の授業では、幼児が遊べる「遊び」を考えました。
グループに分かれ、発達段階を踏まえながら一から遊びを考えます。

「○歳だったらこんなことができるのでは」
「これでルールはわかりやすいかな」
「遊びをとおしてこんなことが学べるのでは」

などと、それぞれが知識やアイデアを出し合いながら進めていきました。
その後、先生役・子ども役に分かれ、みんなでそれぞれの遊びを実践し、最後に振り返りを行いました。

振り返りでは、実践しなければ気が付かなかったことや改善点、先生役・子ども役それぞれの視点からの意見などを全員で共有しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ