2019/11/14

1年生 化学基礎  授業・HR

化学基礎の授業で、教室で2つの演示実験を行いました。
ひとつは普通に火をつけても燃えないスチールウールを道具を使わずにうまく燃やす方法を考え、実際に行いました。
もうひとつは二酸化炭素を充満させた瓶の中に燃焼しているマグネシウムを入れて、バチバチと燃焼させました。二酸化炭素といえば消えるイメージなのに、意外な結果だったと思います。
2つの反応について、中学の頃の知識を呼び起こして、化学反応式をたてられました。

クリックすると元のサイズで表示します



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ