2021/10/31

生化学への道  授業・HR

医療看護、栄養系の進路を志望する生徒を対象とした「生化学への道」という授業があります。進学先で必要な生物、化学について学習します。
今回は分子模型を使って、班でグルコースとアミノ酸を作りました。原子の数が多く苦労していましたが、なんとか完成させ、隣の班と合体させることができました!立体構造や結合について正しく理解することができたと思います。

グルコース(ブドウ糖)…パーツが足りず、酸素原子の色が赤や青に…
クリックすると元のサイズで表示します

マルトース(麦芽糖、グルコース×2)…棒が抜けやすく、 崩壊寸前を絶妙なバランスでキープ
クリックすると元のサイズで表示します

グルコースとアミノ酸…こちらの模型の方が安定感があります(ただし片付けが大変)
クリックすると元のサイズで表示します

マルトース…結合により、水分子が出てきました!
クリックすると元のサイズで表示します

ペプチド(アミノ酸×2)…こちらもきちんと水分子が出てきました
クリックすると元のサイズで表示します



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ