2017/8/23

先輩たちの文化祭装飾(2)  一般

 2002(平成14)年の文化祭より。

 廊下側の窓の上からぶら下がった「ミルクせんべい売り場」と「たこセンうりば」の吊り看板がポイント。広い窓の空間を利用しておりベリーグッド。

クリックすると元のサイズで表示します

 以下の2枚は同じクラス。たこ焼きを擬人化したデザインの巨大看板が秀逸。その巨大看板に魅せられて近づくと、その奥に金券売り場があるんやから買わざるを得ない。長い角材2本と段ボールでつくれそうだが、色塗りは大変だったと思う。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 正門に一番近い西階段を上がる途中、目線の向こうに天井からぶら下がった看板がある。そんな効果を狙ったか狙わなかったか知らないが、とにかくここから看板をぶら下げるのは効果的。

クリックすると元のサイズで表示します

 餃子売り場の看板がなんで「ピンク色」なのか分からないが、とにかく目立っていい。精密で可愛らしいイラストも素晴らしい。

クリックすると元のサイズで表示します

 食品模擬店の中身が何か分からないが、テーブルクロスのデザインが廊下側の窓と統一されておりすっきりしている。せっかくの文化祭なんやから、日頃の見慣れた教室にはない「非日常」を演出してほしいものだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 昔は写真のような「正門アーチ」を担当するクラスの応募があって、「文化祭の日に楽できるやん」という意見が多いクラスが手を挙げたような記憶がある。しかし、そんなクラスも徐々に少なくなり、いつの間にか「正門アーチ」そのものがなくなった。

 「正門アーチ」的なもので全国的に有名な埼玉県の某県立高校は、「クラス」ではなく全校生徒から有志を募って「実行委員会」を結成。4月から準備をスタートして、夏休みはほぼ缶詰め状態で「正門アーチ」製作に没頭するという。文化祭にも各高校で独自のやり方がある。

 その向こうの校舎に注目。まさに「コンクリートの打ちっ放し」で「白亜」と呼ぶにはほど遠い状態。酸性雨の影響なのか各所に黒ずんだ筋があって、なんとなく薄汚い印象だった。

 校舎の塗装工事があったのが2006(平成18)年の夏。それ以来、「白亜の校舎」は周囲の緑とコラボして、正門から見た素晴らしい景観をつくっている。 

クリックすると元のサイズで表示します

 現在の柴島高校。上の写真から十数年の歳月がたち、2枚の写真を比較して木々の成長がよくわかる。正門入って真正面にある戦災モニュメントの背後に、「グリーンウォール」と呼ぶにふさわしいカイズカイブキの壁があったが、この春に半分以上伐採されかなり見通しがよくなった。

クリックすると元のサイズで表示します

 以下次号

2017/8/22

動画編集を練習する(23) あの日柴島から見た雲を横から見ることはできない  一般


 最後の1枚はこのブログをやり始めてから購入したコンパクトデジカメで屋上にて撮影したもの。撮影年月日は2015年12月10日。これほどの美しい雲を自分は初めて見たような気がした。

クリックすると元のサイズで表示します

動画(BGM注意) あの日柴島から見た雲を横から見ることはできない.mp4

※BGMはフリー無料のBGM素材・音楽素材「甘茶の音楽工房」より。

2017/8/22

先輩たちの文化祭装飾(1)  一般

 10月20日(金)&21日(土)の文化祭に向けて、現在、クラスによってその熱意に差はあれど、あれやこれやと言いながら準備にとりかかっている。

 今回、文化祭準備の参考になればと、新シリーズ「先輩たちの文化祭装飾」に取り組みたい。写真屋さんの協力を得て、デジタル化された2000(平成12)年以降の文化祭の写真から、「これはええかも」というのを厳選してみた。

 なお、今と社会も世相も常識も微妙に異なるゆえに、現在の本校文化祭の規定では許可されないことも写真にあるが、当然、生徒諸君は現在の規定を守らねばならないことは言うまでもない。

 まずは2000(平成12)年&2001(平成13)年の文化祭写真より。ちょうど42期生&43期生が生誕した頃である。


 テント周囲にぶら下げた提灯がポイント。もともと赤いのを買ってきたか自分たちで塗ったかは不明だが、こんな提灯は松屋町に行くかネットで購入できるはず。写真奥の調理場所の周囲をべニア板で囲って、おそらく外はなにか広告を出しているのも、衛生上&PR上、ベリーグッド。

クリックすると元のサイズで表示します

 ほとんど見えないが、写真上の看板の文字に注目。平面に描いているのではなく、立体的に表現しているところが文化祭らしくていい。

クリックすると元のサイズで表示します

 教室廊下側の上にある「鎧戸(よろいど)」と下の窓を開けてできたスペースを利用して、ヒモなどで看板をぶら下げている。このクラスは写真のような細長いものだが、工夫次第で廊下の床まで垂らすことで、かなり広いスペースに全面広告や装飾を描くこともできる。ただし廊下側の窓をふさぐことになり、かなり空気の通りが悪くなるかも。

クリックすると元のサイズで表示します

 教室入口を飾る看板。かなり斬新なデザインだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 こんなん文化祭でやってたんや。消防署の人に来てもらって、今も水飲み場にある非常用の垂直降下式救助袋からの降下が体験できた。

 本校生徒たちのTシャツに注目。ペンキなどを買ってきて自作していたが、今から思うとデザイン性に富んだものがあまりなく、「苦労多くして廊下汚し」という感じだった。自分が担任していた32期生の時、文化祭の後片付けで、廊下のペンキ拭きに10人ぐらい必要だったこともある。今の方がはるかにデザイン性もあって見栄えがする。

クリックすると元のサイズで表示します

 以下3枚の写真は同じクラスのもの。このクラスの装飾はすっきりして清潔感がある。「星形」にこだわり統一感を出している。

 最後の写真に注目。現在、外窓の上にある空調の設備がない。当時は、地下室にある巨大ボイラーで「冷気」「暖気」を上に吹き上げ、各階の天井にあるダクトを通じて教室に「冷気」「暖気」を送っていた。真夏、2階は冷えて寒いぐらいだったが、4階の特に端っこの「1−1」「1−7」は、1時間目からあまりの暑さに倒れそうになりながら授業をした記憶がある。

 また机にも注目。今とは異なる机と椅子の「連結机」で、これはどこの府立高校も一緒。当時の生徒たちは、授業中など非常に窮屈だったと思う。大掃除などで机を積み上げるときの労力は、今と比べものにならないくらいしんどかった。

 それにしてもこのクラスは「法被」といい「巨大うちわ」といい装飾面でレベルが高い。「法被」はバックに「誇れる柴島」とプリントされており、明らかに自作ではないと思われる。いったいどうやって作ったんだろう?

 「巨大うちわ」は、大きめの段ボールの裏に心棒みたいなのを装着して自立できるようにして、後ろの机に固定していると思われる。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 以下次号

2017/8/20

ほんまに動画配信はややこしい!!  一般

 パソコンに「ウインドウズ系」(マイクロソフト)と「アップル系」があるように、スマホにも大きく分けて「iPhone系」と「Android系」の2種類があるようだ。

 本校のホームページはプロが作ったのではなく、美術科Y先生がなんと「メモ帳」にHTML言語を直接記入して作成。一昨年の夏休みはほぼこれにかかりっきりで、大変なご苦労をされて見事なデザインのホームページを完成させた。

 当然プロが作ったホームページは多くの「ブラウザ」(ホームページの閲覧ソフト)に対応しているかもしれないが、本校はなんせプロではない先生がつくっているのだからパソコンの「ブラウザ」(たとえば「Internet Explorer」と「Google Chrome」)によって見え方が違うこともある。大半のブログ閲覧者はスマホで見てくれているが、これも機種によって見え方に違いがあるらしい。

 この辺のややこしさを克服して、あらゆるパソコンやスマホに対応した学校のホームページを素人が作るのはまず無理なのかもしれない。

 今回の「30秒動画で柴島を紹介する!!」も、ブログにアップする動画データの形式で「MP4」は「iPhone系」「Android系」ともにスマホで閲覧できるようだが、「WMV」は「iPhone系」のスマホでは閲覧できないことが分かった。よくよく考えれば、「WMV」は「マイクロソフト」が作った動画形式なので当たり前と言えば当たり前か。

 ほんまに「IT業界」に物申したい。「何かひとつに統一せんかい」と。

 ということでこの場を借りていろいろ試してみたい。実は今回のトラブルで「MP4」にもかかわらず動画が閲覧できない「iPhone系」がおひとりおられる。そんな人にも見てもらえるようにするにはどうしたらいいのか。

 自分が購入した動画編集ソフトでは、いざ動画を作成するとき、「デバイス」では「iPhone」「iPad」「AppleTV」「GalaxyS5」「スマートフォン」などから選べるようになっており、もしかしたらこれが今回の問題を解決できるカギを握ってそうなので試行錯誤しながらよりよい方法を追究してみたい。

(A)デバイス「iPhone」フレームレート「24fps」ビットレート「256kbps」 MP4 1.75MB

 動画(BGM注意) crfi41.mp4

(B)デバイス「GalaxyS5」フレームレート「24fps」ビットレート「256kbps」 MP4 1.75MB

 動画(BGM注意) crfi42.mp4

(C)デバイス「スマートフォン」フレームレート「24fps」ビットレート「256kbps」 MP4 1.75MB

 動画(BGM注意) crfi43.mp4

 ほんまに動画編集は奥が深い。

2017/8/20

動画編集を練習する(22) 体育祭 団対抗リレー  一般

 体育祭最終種目の団対抗リレー。最終種目ということもあり、団の名誉をかけて力走する生徒の姿を見てさらに盛り上がる種目だ。アンカーを務める走者に応援団が駆け寄って泣きながらたたえる姿をみて、若者たちの素直さをうらやましく思う。

動画(BGM注意) 団の名誉をかけて力走.mp4

※BGMはフリー無料のBGM素材・音楽素材「甘茶の音楽工房」より。

2017/8/19

動画編集を練習する(21) ダンス部 完成版  一般

 「30秒動画で柴島を紹介する!!」シリーズの一番最初に紹介したダンス部の動画。試作版で作成したので真ん中にソフト会社のロゴマークがあったが、今回はそんなんはない。ダンス部に敬意を表して、完成版は素で動画を見てもらおう。

 ほんまに動画編集は奥が深い。定番の「MP4」ではなく「WMV」で保存したら、容量が少なく済んだ。少しは画質のいいのを見てもらえるということで、これからは「WMV」で保存してブログにアップしよう。

動画(音声注意) ダンス部動画 前半.wmv

動画(音声注意) ダンス部動画 後半.wmv

(追記)

 「WMVではスマホのiphoneでは見ることができない」という指摘を受けて、同じ動画を「MP4」でアップします。ほんまに動画編集は奥が深いです。

動画(音声注意) ダンス部動画 前半.mp4

動画(音声注意) ダンス部動画 後半.mp4

2017/8/19

動画編集を練習する(20) 体育祭 大縄跳び  一般

 膝を曲げて高く跳ぶ必要はまったくない。とにかく全員が同じリズムで跳ぶこと。来年の体育祭の参考にされたし。

 一番最初の動画のクラスは、「せーの」の前に誰かが「ファイト」らしき言葉を叫んでいる。掛け声を2段階にすることで、最初の「ファイト」でぼーっとしていた生徒も「あっ、始まるわ」と集中して「せーの」で全員スタートする。これはいい方法だ。

 おそらく練習で何度も失敗して、「何かいい方法はないか」とクラスで考えて編み出した方法だろう。何事も「失敗」があるからこそ「成功」があるのだ。来年の体育祭の参考にされたし。

動画(BGM注意) とにかくリズム.mp4

※BGMは「はなP∞のホームページ」より

2017/8/19

動画編集を練習する(19) 柴島紅葉三昧  一般

 ふたたび「学園の森」にて。イロハモミジを撮影。

 桜並木手前の左右にイロハモミジが植わっている。その位置をみて、創立の頃に植樹した人の柴高生に対する慈しみを感じる。授業やクラブでグラウンドに行く生徒たちに、この美しい紅葉を見て心を癒してほしい、そんな思いがあったに違いない。

 そんな先人の思いがあって今の柴島がある。校内を彩る植物は、みんなで大切にしてほしい。

動画(BGM注意) 学園の森・イロハモミジ.mp4

2017/8/18

動画編集を練習する(18) 体育祭 綱引き  一般

 最後のシーンで勝利した優勝チームの全員が狂喜乱舞しているのが印象的。ほんまにみんな、よう頑張ったんやな。

 2番目の動画で横走りで団の面々を応援している生徒へ。将来、君が大人になって何かで行き詰まったときにこの動画を見て、君の元気で夢中になっている姿に元気をもらった人間がここにいたことを忘れないでほしい。

 このブログが続く限り動画は永遠に残る。単なる「懐古」で終わるのではなく、仕事に疲れた時などに「癒し」「初心に戻る」「見つめ直す」「起爆剤」など君たちの人生のプラス材料になればうれしい。

動画(BGM注意) 綱引き.mp4

動画(BGM注意) 同じ動画ですが比較したい.mp4

2017/8/18

動画編集を練習する(17) 柴島紅葉三昧  一般

 「学園の森」晩秋の風景。

 体育館の壁の色がほんまにオレンジでよかった。もしもブルーやグレーなんかやったらと考えるとゾッとする。

動画BGM注意 写真2枚でシンプルにまとめてみました.mp4

※BGMは「ピアノサウンドを主体としたフリーBGM」より


2017/8/18

動画編集を練習する(16) 柴島紅葉三昧   一般

 季節外れの「紅葉三昧」で夏バテを癒してください。

動画(BGM注意) できるだけ小さな画面でみてね.mp4

※BGMはフリー音楽素材[Music Material]より。

2017/8/17

動画編集を練習する(15) 柴島高校創立43周年記念花火大会?  一般

 昨日、京都の「五山送り火」に負けじと「柴島高校創立43周年記念花火大会」が行われた。以下担当者と残念ながらその場にいなかったので花火大会の動画を見た生徒の会話。

クリックすると元のサイズで表示します

生徒「えらいキレイやなあ」「ところでなんで43年なん?」「中途半端やんか」
担当者「君らがこの暑い中、ほんまによう頑張っとるからや」
生徒「どこから打ち上げたん?」
担当者「淀川の河川敷という想定や」
生徒「えっ、想定?」
担当者「あ、いやいや」「学校からの打ち上げは淀キリが近いんで警察の許可がおりんでなあ」
生徒「どれくらいのお金がかかったん?」
担当者「あーっ、まあ、そないに言うほどかかってないよ」
生徒「どれくらい?」
担当者「あーっ、まあ、どうでもいいんじゃないの」
生徒「なんか微妙に花火と音がずれてへん?」
担当者「あーっ、まあ、どうでもいいんじゃないの」
生徒「なんかおかしいっ!!」「そんなビッグイベント、自分ら知らんかったし」
担当者「あーっ、まあ、どうでもいいんじゃないの」
生徒「なんで知らせてくれへんかったんどすか」
担当者「あーっ、まあ、どうでもいいんじゃないの」
生徒「なんかおかしいやん」「あれっ、最後の花火、淀キリの手前で開いてるやん」
担当者「あれっ、ほんまやねえ」「まあ、どうでもいいんじゃないの」

生徒「それに正門から見た淀キリの向こうに見える月が満月だったわ」「今日は月齢(23.7)で満月ではないはず」「先生、これって、いったいどういうことなの?」
担当者「なんかいつの間にかキャラクターかわっとるやないか」「申し訳ない」「いつものソフトを使って花火大会があったように動画を作ったんや」
生徒「そんな生徒をだますような教師は『月に代わっておしおきよ』」
担当者「ごめんちゃい」

 最後に動画ソフトの操作で失敗をおかした担当者は、見事生徒にその動画がフェイクであることを見破られてしまった。

動画(音声注意) 実際にこんなんできたら面白いやろね.mp4

※効果音は「無料効果音で遊ぼう!」より。

2017/8/16

動画編集を練習する(14) 観光学 祇園祭  一般

 7月12日(水)観光学FWで京都・祇園祭を見学。もちろんメインの「山鉾巡行」ではないが、「山鉾」を作る過程を間近で見ることができて満足してくれたと思う。

 解散後、Y先生と2人で祇園祭をさらに探究するため各所をまわっていた時、「菊水鉾」の試験曳きが始まり、動いている山鉾を初めてみた自分はかなり興奮した。

(動画BGM注意) 菊水鉾の車輪がきしむ音を聞いてくれ.mp4

※BGMはフリー音楽素材[Music Material]より。

2017/8/15

動画編集を練習する(13) 柴島桜三昧  一般

 ソフトボール部、マジで部員の大募集してます。

動画(BGM注意) 柴島桜三昧ふたたび.mp4

※BGMはフリー音楽素材[Music Material]より。

2017/8/15

動画編集を練習する(12) 再び体育祭 棒引き  一般

 これだけ双方頑張っている姿を見たら、同じ団の団長や3年生も嬉しいのではないか。無心に頑張っている姿は見ているものを熱くさせる。

動画(BGM注意)神々しいまでの頑張り.mp4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ