2018/7/3

保護者対象科目選択説明会  本校を訪問される方へ

土曜日に1年生の保護者向けの科目選択説明会が行われ、約150人が参加して下さいました。

科目選択は2、3年生の時間割を進路に合わせて自分で考えて決めることをいいます。1年生の大きな山場となる取り組みです。

最初に校長、学年代表からあいさつがあって、その後一時間程度、目的から資料の見方、選択のルールなどを説明しました。

2年間の時間割を作ることは簡単なことではないですが、一人一人がしっかり考えて納得できる科目選択をしてほしいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

2018/1/11

柴島の果実_柿の実のその後3  本校を訪問される方へ

正門横の柿の木の実についてです。
1月11日の朝に確認するとわずかに残った実もほぼ無くなっていました。「カラスが・・・」と書いていたのですが、そのとき目撃したのはカラスよりずっと小さくハトぐらいの大きさかやや小さめの鳥でした。
くちばしが湾曲していて長めで、足もハトより長い感じです。全体が濃いグレーで(ややグラデーションが入っています)、羽に薄い黄色の斑点が数個ありました。まだわずかに残っている実をつついていました。
これまで「カラス」と言っていたのは実はこの鳥の可能性が大です。写真も撮ることができず、鳥の名前もわからないのでそれ以上のことは言えないのですがどうやらカラスではないことは確かなようです。

2017/9/22

淡路駅(仮称)と阪急淡路駅の乗り換え時間が判明!!  本校を訪問される方へ

 今年8月17日のブログ「おおさか東線、来年度末に開通?」で取り上げた「JR淡路駅」(仮称)と「阪急淡路駅」の乗り換え時間が明らかになった。

 平成31(2019)年春に予定されている「おおさか東線」開通=「淡路駅で乗り換え」で、今の高1は高3から、今の中3は高2から通学に利用できることとなり、特に「城東区」や「鶴見区」「東大阪市」在住の本校生徒の一部は、1か月の定期代が推定「3000円」以上安くなるかもしれない。(詳細は「8月17日」のブログを見てください)

 そこで某日、工事中の「おおさか東線」「JR淡路駅」(仮称)と「阪急淡路駅」の乗り換えにどのくらい時間がかかるか、実際に現地に赴き歩いてきた。

 動画(音声なし)やや速足で3分40秒.mp4

 十分に乗り換え可能な距離であり、「JR大阪駅から阪急梅田駅」並みの時間、「阪神梅田駅から阪急梅田駅」より確実に短いと思われる。

 「JR淡路駅」(仮称)のホームと思われる工事現場

クリックすると元のサイズで表示します

 以下2枚は工事現場に貼って掲示物を補正して見やすくしたもの
 
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 「城東区」や「鶴見区」、「東大阪市」などにお住まいの方は、「おおさか東線」が開通したら一度調べてみたらどうでしょうか。

2017/8/17

おおさか東線、来年度末に開通?  本校を訪問される方へ

 JR西日本が「城東貨物線」を再利用して「おおさか東線」なる新しい路線をつくっているが、いよいよ来年度末に全通するという。今の高1は高3から、今の中3は高2から通学に利用できるということだ。

クリックすると元のサイズで表示します

拡大 やや拡大されます.jpg 

※このブログの地図はたいてい「JR=黒」「阪急=茶」(地下鉄堺筋線も便宜上「茶」)。現在建設中の「JRおおさか東線」は「白」で表現した。新しい駅の「野江」「都島」「淡路」は仮称である。

 地図を見ても明らかなように「都島区」「旭区」「城東区」「鶴見区」、はたまた「東大阪市」から通っている本校1年生、そして本校入学を考えている中学生の皆さんにとっても、新しい通学方法が開拓できるので、まさに本校にとっては「朗報」といえる。

 たとえば地図にはないが「鴫野駅(しぎのえき)」のひとつ向こうの「放出駅(はなてんえき)」から本校に通っている生徒がいるとする。実際、少ないながらも数人いるはずだ。そんな生徒の通学ルートはおそらく以下のとおりだろう。「柴島駅」に「8:15」ぐらいに到着するとして。

 JR:「放出駅」(7:50)→「大阪天満宮駅」(8:00)

 堺筋線:「南森町駅」(8:07)→「天六駅」→「柴島駅」(8:13)

 「放出駅」から「柴島駅」まで「23分」。その後、教室の自分の机に座るまで「約30分」ということになる。意外に近いんや。

 ところが途中「天六駅」をはさんで、我が校にとっては不幸としか言いようがないが「大阪市営地下鉄」から「阪急」に変わることで、最初の「JR」を含めて「鉄道3社」の通学定期が必要となり、1か月の通学定期代は「7880円」だ。これを「天六マジック」と呼ぼう。
 
 JR「おおさか東線」が開通すると、以下のようなルートでも通学が可能となる。赤字は現在建設中のルート。赤字の駅名はすべて仮称。

 JR:「放出駅」→「鴫野駅」→「野江駅」→「都島駅」→「淡路駅」

 阪急:「淡路駅」→「崇禅寺駅」または「柴島駅」

 まだ開通していない区間の通学定期代は分からないが、「放出駅」から「淡路駅」の「4区間」と同じ区間、例えばすでに開通している「おおさか東線」の「久宝寺駅」から「JR俊徳道駅」の1か月の通学定期代は「2820円」。

 これに阪急の「淡路駅」から「柴島駅」までの1か月の通学定期代「1360円」を足すと、1か月「4180円」となり、なんと1か月につき「3700円」もお得だ。「鉄道3社」が「2社」に減っただけで、これだけの定期代の差が出るのだ。

 これが6ヶ月の通学定期になると、かなりの額となる。ただし、通学時間はJR「淡路駅」から阪急「淡路駅」の乗り換えを考えると、おそらくだが現在より「10分」ぐらいは余分にかかるかもしれない。1ヶ月「3700円」を節約できると思えば、まあ「10分」ぐらいはなんとかなる時間である。

 さらに現在、地下鉄谷町線の「都島駅」から「柴島駅」まで通っている生徒は、現在の1か月の通学定期代が「5060円」。新しくできる「おおさか東線」の「都島駅」から「淡路駅」の1か月の通学定期代が「1区間」で「2030円」。これに阪急「淡路駅」から「柴島駅」の「1360円」を足して「3390円」となり、なんとなんと1か月で「1670円」もお得となる。

 現在の本校1年生、および「都島区」「旭区」「城東区」「鶴見区」「東大阪市」に在住の中学生の皆さん、みんながみんなではないかもしれませんが、「柴島高校」への通学はさらに便利&お得になりますよ。

※通学定期代についての計算は、あくまでも現在想定できる範囲のものです。

(補足)

 その昔、「城東貨物線」は単線で貨物輸送の専用線であった。1929(昭和4)年に「吹田駅」から「放出駅」が開通している。ルートの途中で淀川を越える「淀川橋梁」は通称「赤川鉄橋(あかがわてっきょう)」とも呼ばれ、単線の貨物線の横に人々が行き交う歩道があり、そこからは、淀川の生物の宝庫ともいえる「ワンド」の様子や野鳥の姿を楽しむことができた。38期生あたりまでは、毎朝この鉄橋を自転車で通っていた生徒もいたはずだ。

 「城東貨物線」といっても時々思い出したように貨物列車が走るだけで、それはそれは情緒ある鉄橋だったが、「おおさか東線」の建設に伴い、2013(平成25)年10月31日をもってその役割を終えた。

 「photozou」より。

クリックすると元のサイズで表示します

2017/1/8

実はJRからも通学できますよ!!  本校を訪問される方へ

 前回のブログに続いてもうひとつ近くに駅があることを紹介しておきます。

 JR京都線の「新大阪駅」なんです。「観光学」のフィールドワークで毎年行ってますが、だいたい徒歩15分、自転車では5分程度で到着します。最近大幅にリニューアルされて見どころが多く、PTA活動や体育祭、文化祭、試合観戦などで保護者の方が来校されたとき一度寄ってみてはとお勧めします。

 いつものようにその詳細です。西暦は駅の営業開始の年。駅名に続いて「JR新大阪駅」までの所要時間と運賃。平日の朝、8時5分より前に「新大阪駅」に到着する最速のものを調べました。「新大阪駅」より向こうは現実的でないので割愛しました。

2008(平成20) 島本 0742 0802 20分 390円 乗り換え1回
1876(明治9) 高槻 0750 0802 12分 260円 乗り換えなし
1924(大正13) 摂津富田 0747 0802 15分 220円 乗り換え1回
1876(明治9) 茨木 0755 0802 7分 220円 乗り換えなし
1938(昭和13) 千里丘 0754 0805 11分 180円 乗り換えなし
1947(昭和22) 岸辺 0757 0805 8分 180円 乗り換えなし
1876(明治9) 吹田 0800 0805 5分 180円 乗り換えなし
1940(昭和15) 東淀川 0804 0805 1分 120円 乗り換えなし
1964(昭和39) 新大阪

〇乗車時間が意外に短く、JR1本なんで運賃もリーズナブルです。自転車の定期駐輪代は高校生で、「1か月1700円」「3か月4800円」「6か月9300円」となっております。一度お考え下さい。

〇話は変わりますが、「高槻駅」「茨木駅」「吹田駅」の営業開始が「1876年=明治9年」というところに自分は注目します。

〇日本の最初の鉄道は教科書にも記載されている「1872年=明治5年」、「新橋〜横浜(現在の桜木町駅)」で、「岡蒸気」と呼ばれた「機関車トーマス」みたいな蒸気機関車が走ってました。

〇関西では「1874年=明治7年」に「大阪〜神戸」間が開通し、「大阪駅」「西宮駅」「三宮駅(現在の元町駅あたり)」「神戸駅」が開通しました。ほどなく「尼崎駅」「住吉駅」が開業します。

〇翌年、なんとなんと現在ユニバへ行く環状線の一部ですが、「大阪〜安治川(現在の中央卸売市場あたり)」が開通します。

〇そして「1876年=明治9年」に、「大阪〜向日町」が開通して「高槻駅」「茨木駅」「吹田駅」も営業を開始しました。

〇ということで、この区間はレンガ積みの橋脚や鉄道の下を通るトンネルなど、開通当時の遺構が今も残っており、鉄道ファンのホームページなどで紹介されています。

〇「この区間」についてもう一つ書かせていただきたいことがあります。本校近くにある「新淀川」は「1910年=明治43年」に完成した人工の川で、淀川の治水対策として現在の「毛馬の閘門」あたりから川幅の広い「もうひとつの淀川」を作って大阪湾に一気に流れるようにしたのです。

〇このあたりの「旧淀川」は現在の「大川」で、さらに下流に行きますと北の「堂島川」、南の「土佐堀川」に分かれて「中之島」を形成し、「安治川」となって大阪湾まで流れていました。

〇その際、もともと走っていた「大阪〜吹田」の路線が変更され(下の地図の赤)、1912(大正元)年ぐらいに現在のようなまっすぐ北上するルート(下の地図の青)となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

〇その後、「赤」のルートは廃線となってましたが、1921(大正10)年に阪急電車の前身「北大阪電気鉄道」が「十三〜淡路〜豊津」を開通させるときに、この廃線を再利用したのでございます。

〇よってその間にある「南方」「崇禅寺」「淡路」などは、1921(大正10)年に開業している、今年95歳の長寿を誇る駅なのでございます。その名残は今も「崇禅寺駅」のホームを支えている土台の石垣を見ればわかります。おそらく太平洋戦争時に受けた焼夷弾による焼け焦げた跡があるのでございます。

〇結局、何が言いたいかですが、本校の目の前に走っております阪急京都線のルートに、その昔、104年ぐらい前でしょうか、「岡蒸気」=「機関車トーマス」みたいなやつがシュポシュポ煙をあげながら走っていたのでございます。この歴史的ロマンに感動して、目を閉じればその光景が目に浮かぶのは私だけでしょうか(おそらく自分だけだろう)。

2017/1/8

実は御堂筋線&北大阪急行からも通学できますよ!!  本校を訪問される方へ

 この時期、中学3年生の皆さんはどこの高校を受験するか、決まっている人は悩む必要はないが、迷っている人はなかなか勉強も手につかない状態かもしれない。

 どこの高校を受験するか決めるときに、多くの選択材料の中で結構重要なのが「交通の便」である。自転車通学できる近い高校は便利だが、自分が思っているような高校が近くにない時は、中学時代には経験しなかった電車通学を考えなければならない。

 その方向によっては通学時はだいたい満員状態で、その時間が長ければ長いほど朝登校したがヘトヘトということもある。これを3年間というスパンで考えると、「交通の便」は志望校を決めるにあたって軽視できないことかもしれない。

 幸い本校は「阪急崇禅寺駅」&「阪急柴島駅」がすぐ近くにあり、これほど「交通の便」のいい高校はなかなかないだろう。たとえ電車内で「ヘトヘト」になったとしても下車したらすぐ前に学校が見えているのだから。生徒諸君はこの恵みに感謝して、卒業後に進学または就職する先が高校時代より「交通の便」がいいところはそうざらにないことを肝に銘じて、在学中にできるだけ体力増強を心がけてほしいものだ。

 さて上記2つの駅以外に、案外知られていないが近い駅があることをご存知ですか。

 その一つが「大阪市営地下鉄御堂筋線」の「西中島南方駅」で、阪急京都線「南方駅」がすぐ近くにあります。

 この南北に長い路線は実は「大阪市営地下鉄」と「北大阪急行」という2つの会社が乗り入れています。その詳細は以下の通り。西暦は駅の営業開始の年。「御」「北」はどちらの会社の駅か。駅名に続いて「西中島南方駅」までの所要時間と運賃。

 1970(昭和45)「北」 千里中央 16分 360円
 1970(昭和45)「北」 桃山台11分 350円
 1975(昭和50)「北」緑地公園 9分 330円
 1970(昭和45)「御」 江坂 6分 240円
 1970(昭和45)「御」 東三国 3分 180円
 1964(昭和39)「御」 新大阪 1分 180円
 1964(昭和39)「御」 西中島南方
 1964(昭和39)「御」 中津 2分 180円
 1933(昭和08)「御」 梅田 4分 180円
 1933(昭和08)「御」 淀屋橋 8分 240円
 1933(昭和08)「御」 本町 9分 240円
 1933(昭和08)「御」 心斎橋 11分 240円
 1935(昭和10)「御」 難波 13分 240円
 1938(昭和13)「御」 大国町 16分 280円
 1938(昭和13)「御」 動物園前 18分 280円
 1938(昭和13)「御」 天王寺 21分 280円
 1951(昭和26)「御」 昭和町 23分 280円
 1952(昭和27)「御」 西田辺 25分 320円
 1960(昭和35)「御」 長居 27分 320円
 1960(昭和35)「御」 我孫子 29分 320円
 1987(昭和62)「御」 北花田 32分 320円
 1987(昭和62)「御」 新金岡 34分 370円
 1987(昭和62)「御」 中百舌鳥 38分 370円

〇距離の割に「千里中央」「桃山台」「緑地公園」からの運賃が高いのは、「大阪市営地下鉄御堂筋線」と「北大阪急行」の2つの路線を使っているから。同じような理屈が「大阪市営地下鉄堺筋線」と「阪急千里線」にもいえる。ああ、「柴島駅」が「堺筋線」の駅だったらどれだけ定期代が安かったか、と思った生徒諸君もいるだろう。ほんまにひと駅違いでかなり違います。

〇この年表をみても分かるように、「御堂筋線」は1933(昭和8)年の「梅田」〜「心斎橋」から始まった。1945(昭和20)年3月13日の大阪大空襲で、雨あられのように都心部に落ちてくる爆弾や焼夷弾をのがれるために、多くの市民が地下鉄の駅構内に逃げ込んだという。

〇戦後、徐々に南北に延伸されるが、そのきっかけは、郊外の宅地化と、1964(昭和39)年10月1日に開通した「東海道新幹線」と同日開業した「新大阪駅」、そして吹田市の千里丘陵を舞台に1970(昭和45)年3月14日から半年間開催された「大阪万博」の3つだ。ちょうど後期の現代社会で学習したばかりなので、3年生なら誰でも知っているだろう。

〇「北大阪急行」とは、「大阪万博」に備えて阪急電車と大阪府がお金を出して作った会社で、現在は大半の株式を阪急電車が保有している。なぜ「大阪市営地下鉄」がそのまま延伸しなかったのか不思議だが、そのあたりは自分で調べてください。

 要するに何が言いたかったかというと、「大阪市営地下鉄御堂筋線」の「西中島南方駅」からも徒歩や自転車で十分通学できますよということです。はい。

本校正門〜西中島南方駅 約1.1km
自転車では5分以内(ただし市営の定期駐輪代は1か月1700円・3か月4800円・6か月9300円)


(追記)「西中島南方駅」で下車して、徒歩2分ぐらいで阪急京都線「南方駅」で乗り換えるという方法もあります。阪急京都線「崇禅寺駅」は次の駅で2分ぐらいです。ちなみに「南方駅」と「崇禅寺駅」の通学定期代は「1カ月1530円」「3カ月4370円」「8270円」です。自転車の定期駐輪代より安いことが判明しました。

クリックすると元のサイズで表示します

(追記)阪急の「南方駅」は「みなみかた」、地下鉄の「西中島南方駅」は「にしなかじまみなみがた」と読むそうです。

2016/3/27

本校を訪問される方へ(8) 阪急崇禅寺駅 変身!!  本校を訪問される方へ

 2016(平成28)年3月26日(土)より、阪急崇禅寺駅の淡路方面ホームが大いに変身した。本校を訪問される方は、ご注意ください。

 もともとあった階段。すでに封鎖されています。

クリックすると元のサイズで表示します

 このあたり、ご注意ください。新しい改札口はまだ向こうです。

クリックすると元のサイズで表示します

 向いの梅田方面ホームの改札口です。

クリックすると元のサイズで表示します

 その斜め向かいあたりに新しくできた改札口があります。

クリックすると元のサイズで表示します

 いかにも清潔そうなトイレもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

 改札口を出て左にある階段を下がってください。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 右を向くと、100mぐらい離れた所にライフがあります。学校周辺には店があまりない(柴島駅踏切向こうにデイリーヤマザキ、淀キリに24時間営業のコンビニがありますが・・・)ので、まとまったものを購入したいときはここがおすすめです。

クリックすると元のサイズで表示します

 さきほどの階段を下がって左。目の前の階段を上ります。

クリックすると元のサイズで表示します

 右手には先日まで使用されていた改札口があります。すでに自動改札は撤去されていました。

クリックすると元のサイズで表示します

 さらにまっすぐいくと左右に分かれる階段があり、本校は右です。淀キリは左です。

クリックすると元のサイズで表示します

 本校が世界に誇る桜並木があります。しばらく歩くとプール裏に通用門がありますが、生徒登校日の朝8時30分までは開いていますが、普段は閉まっています。

クリックすると元のサイズで表示します

2015/8/16

本校を訪問される方へ(7) 阪急宝塚線  本校を訪問される方へ

○阪急宝塚線(十三乗り換え)

 箕面   0739〜0814 35分 270円 3600円 
 牧落   0742〜0814 32分 270円 3440円
 桜井   0744〜0814 30分 270円 3360円
 池田   0749〜0814 25分 270円 3440円
 石橋   0753〜0814 21分 270円 3280円
 蛍池   0752〜0814 22分 220円 3060円 
 豊中   0755〜0814 19分 220円 2960円
 岡町   0757〜0814 17分 220円 2830円
 曽根   0759〜0814 15分 220円 2710円
 服部天神 0756〜0814 18分 190円 2580円
 庄内   0758〜0814 16分 190円 2310円 
 三国   0801〜0814 13分 190円 2160円

 準急停車駅=服部天神・庄内・三国以外の駅 

2015/8/16

本校を訪問される方へ(6) 阪急千里線  本校を訪問される方へ

○阪急千里線

 北千里 0741〜0805 柴島 24分 220円 2960円
 山田  0744〜0805 柴島 21分 220円 2710円
 南千里 0746〜0805 柴島 19分 190円 2450円
 千里山 0748〜0805 柴島 17分 190円 2310円 
 関大前 0750〜0805 柴島 15分 190円 2160円
 豊津  0753〜0805 柴島 12分 190円 2010円
 吹田  0755〜0805 柴島 10分 150円 1870円
 下新庄 0758〜0805 柴島  7分 150円 1700円
 淡路  0803〜0805 柴島  2分 150円 1530円
 柴島
 天六  0811〜0813 柴島  2分 150円 1700円
 扇町  0809〜0813 柴島  4分 310円 5060円
 南森町 0807〜0813 柴島  6分 310円 5060円
 ・・・

 柴島より南は「天六」までが阪急のテリトリー。それを超えると「扇町」「南森町」などは地下鉄堺筋線となるので運賃や定期代が跳ね上がってしまう。阪急と地下鉄の2つの定期が必要となってくるからだ。相互乗り入れは非常に便利だが、運賃に関してはこういうシステムとなっている。

2015/8/15

本校を訪問される方へ(5) 阪急京都線  本校を訪問される方へ

 7月上旬に体験入学PR用ポスターを、本校に在籍している中学校の卒業生に母校に持参してもらった。他の府立高校と同じく本校は府下全域から通学可能だが、出身中学校の数を調査すると広範囲にわたっている。

 ふと生徒たちの通学定期代はいくらぐらいなのか気になったので調べてみた。所要時間や運賃、定期代(高校生・1か月)は[Yahoo路線情報]より。

 条件は夏休み明けの初日「8月24日」「午前8時15分」に崇禅寺駅に到着という内容。通学に崇禅寺駅か柴島駅のどちらを選ぶと便利かは、現時点では明言できないので省略します。「0746」=7時46分。

○阪急京都線

 水無瀬 0746〜0814 崇禅寺 28分 280円 3920円
 上牧  0748〜0814 崇禅寺 26分 280円 3860円
 高槻市 0754〜0814 崇禅寺 20分 270円 3520円
 富田  0751〜0814 崇禅寺 23分 270円 3280円
 総持寺 0753〜0814 崇禅寺 21分 220円 3060円
 茨木市 0759〜0814 崇禅寺 15分 220円 2960円
 南茨木 0757〜0814 崇禅寺 17分 220円 2710円
 摂津市 0800〜0814 崇禅寺 14分 190円 2450円
 正雀  0804〜0814 崇禅寺 10分 190円 2310円
 相川  0807〜0814 崇禅寺  7分 150円 1870円 
 上新庄 0809〜0814 崇禅寺  5分 150円 1870円
 淡路  0813〜0814 崇禅寺  1分 150円 1360円
 崇禅寺
 南方  0812〜0814 崇禅寺  2分 150円 1530円
 十三  0810〜0814 崇禅寺  4分 150円 1870円
 梅田  0806〜0814 崇禅寺  8分 190円 2160円 

 通学にどれくらいの時間が必要かは、「上記の所要時間」に、「ご自宅と最寄駅の時間」、そして「阪急崇禅寺駅から本校までの3分」を足してもらえればいいです。本校のHR教室までとするならば「3分」を「6分」ぐらいに改めてもらえればいいと思います。

2015/8/15

本校を訪問される方へ(4)  本校を訪問される方へ

 JR新大阪駅や御堂筋線西中島南方駅から自転車で5分前後と書きましたが、肝心の自転車をどうするのかという問題があります。

 たとえば自転車通学を考えている在校生や新入生は最寄りのサイクルショップで購入すればいいのですが、一時的にこのルートを利用される方が使用できるレンタルサイクル的なものはありません。申し訳ありません。

 本校最寄りのサイクルショップを紹介します(2015年8月15日現在ネットで検索)。在校生も自転車がパンクしたり不備がある場合は、この地図をみて修理してもらいなさい。

(A)サイクルコンビニてるてる淡路店
   大阪市東淀川区淡路3-2-20 06-6990-6799

(B)サイクルショップカンザキ エバーレ店
   大阪市東淀川区東淡路1-5-51 エバーレショッピングセンター内 06-6322-9191

(C)サイクルキッズ
   大阪市淀川区宮原2-1-49 06-6392-1921

(D)サイクルコンビニてるてる西中島店
   大阪市淀川区木川東2-11-4 06-6838-8868 

(E)サイクルシリーズ西中島店
   大阪市淀川区西中島2-14-10 06-4805-3080

クリックすると元のサイズで表示します

2015/8/15

本校を訪問される方へ(3)  本校を訪問される方へ

○JR新大阪駅東口から 徒歩15分

 もっと単純でわかりやすいルートもありますが、最短ルートをご紹介します。

 JR新大阪駅東口です。目の前にある横断歩道を渡り「左」です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 ほどなく「寿司広」がみえその角を「右」です。

クリックすると元のサイズで表示します

 まっすぐ歩いて最初の角を「左」です。目の前に斬新なデザインで知られる「新大阪ユースホステル」がみえます。本校の演劇部や吹奏楽部がここで合宿をしたこともあります。

クリックすると元のサイズで表示します

 まっすぐいけば大通りがありますが、それを渡ってください。渡ってしばらくすると「ローソン」があります。その角を「右」へ。「大阪市立東淀川体育館」がみえます。

クリックすると元のサイズで表示します

 「東淀川体育館」角で「左」におれ、公園との間の道をいき、角を「右」へ。しばらく歩くとやや大きな道に出て「左」へ。「中島惣社」の参道の鳥居や「小中一貫校 むくのき学園(旧啓発小学校・旧中島中学校)」の前を通り、その角を「右」へ。向かいに阪急のフリーペーパー「TOKK」で「昭和の面影を残す」と紹介されていた「銀水湯」があります。まっすぐ歩けば本校すぐ近くの阪急京都線飛鳥橋踏切にでます。

 このルート一帯は、今から70年前の1945(昭和20)年6月のアメリカ軍による大空襲で、すべて焼け野原になったところです。

 日本が戦後復興を遂げ高度経済成長の真っただ中の1964(昭和39)年10月1日、東海道新幹線と東海道本線の新大阪駅が開業。そして同年10月10日に東京オリンピックが開幕しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 JR新大阪駅東口には大阪市の駐輪場があります。高校生以下の定期利用料金は以下の通りです。ご参考ください。

1か月 1700円
3か月 4800円
6か月 9300円

 自転車を利用すれば約5分前後で本校につきます。

クリックすると元のサイズで表示します

2015/8/15

本校を訪問される方へ(2)  本校を訪問される方へ

○地下鉄御堂筋線西中島南方駅から 徒歩約13分

 駅のホームの一番北側、つまり梅田方面からは先頭、江坂方面からは最後尾で下車。改札を出て「右」。目の前の横断歩道を渡ってしばらくまっすぐ東へ歩いてください。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 「キーエンス」の高層ビルがみえます。ほどなくJR東海道線につきあたり「左」へ。角に「大阪ウェディング&ブライダル専門学校」があります。

 このあたりのJRのコンクリートで補強された盛土はいかにも歴史を感じさせるもので、「右」にいくと阪急京都線の上をまたいだ鉄橋がありますが、この土台が古い赤レンガでアメリカ軍の機銃掃射跡があるそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 JR沿いをしばらく歩くと、JRの下をくぐる通路があるので「右」へ。そしてとにかくまっすぐです。5分ぐらいすると阪急京都線につきあたるので道なりに歩いてください。本校の白い校舎が見えています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 御堂筋線の西中島南方駅は、1964(昭和39)年10月1日の東海道新幹線(東京〜新大阪)開業にさきだち、9月24日の梅田〜新大阪間が開通とともに開業しました。近くに「日清食品」や「キーエンス」の本社があります。

 御堂筋線の駅を利用している生徒の中には、西中島南方駅で下車してすぐ近くにある阪急京都線の南方駅で乗り換えて、崇禅寺駅で下車して通学している人もいます。

 西中島南方駅には大阪市の駐輪場がたくさんあります。高校生以下の定期利用料金は以下の通りです。ご参考ください。

1か月 1700円
3か月 4800円
6か月 9300円

 自転車を利用すれば5分前後で本校につきます。

クリックすると元のサイズで表示します

2015/8/11

本校を訪問される方へ(1)  本校を訪問される方へ

○阪急崇禅寺駅から 徒歩3分強

 改札を出たら「右」。目の前に本校のグラウンドがみえます。途中通用門がありますが、通常は閉めています。写真の右が崇禅寺駅。普通しか停まりません。

 途中にコンビニや自動販売機はありません。飲料水の自動販売機は崇禅寺駅のホームにあります。

 改札を出て「左」にいくと、淀川キリスト教病院やライフがあります。学校正門からライフまでは片道で徒歩7分ぐらいです。

クリックすると元のサイズで表示します

○阪急柴島駅から 徒歩3分弱

 改札は1か所。「右」に行ってください。ほどなく踏切が見えます。写真の右が淀川キリスト教病院(茶色)、左に本校(白色)が見えます。踏切を渡って「左」。そして角を「右」です。

 改札を出て「右」にいって「左」にいくと、コンビニや柴島中学校があります。

クリックすると元のサイズで表示します

○地下鉄御堂筋線西中島南方駅から徒歩13分

○JR新大阪駅東口から徒歩15分 


 本校正門前は、淀キリ関連の車両が多く通行し、阪急京都線の飛鳥橋踏切が近いので、駐停車はご遠慮願います。来校される際は、公共交通機関をご利用ください。よろしくお願いします。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ