NIGHT * SPIDER - X by 江原堅志

真実と答えの全てはフィールドにある。

磯ヒラスズキ、ウェーディングシーバス、青物、そしてフィッシングトリップ。メディアに惑わされず本物を追い続ける実戦主義ソルトルアーフィッシングチーム=NIGHT*SPIDER。

江原堅志、あきんど、小澤剛 がお届けする純度100%実釣リアルレポート。どうぞお楽しみ下さい!

 
舞台は関東近海。 そしてショアラインからの限界。 そんなドラマを求め••• 目まぐるしく変わり行くフォーシーズンの海洋状況に気象状況。 X-STYLEでモンスターフィッシュに立ち向かう。  ターゲットはいつでも本能のままに。 いざ勝負だ !

最近の投稿記事

最近の投稿画像
3/4 インスタグラムのお…

最近の投稿画像
8/27 江原釣行記・近況釣…

最近の投稿画像
7/13 江原釣行記・近況-…

最近の投稿画像
5/8 江原釣行記・平成最…

最近の投稿画像
4/17 江原釣行記・荒れ後…

過去ログ

QRコード

RSS

釣行記・千葉河川めぐり1

盟友風神氏との久々のコラボ。


本命河川に行く前に、バチパターンが盛り上がる小河川をチェックする事になった。


現場に降り立つとオカッパリ専門河川だけに人、人、人。


フルキャストで届く対岸にも、人、人、人。


凄い所で5メートル間隔位か。


先行者達はあらゆる角度、レンジを、シンペンやミノーでひたすら引いている。


しかし反応はないようだ。


そんな時はコイツに限る。


ワーム(笑)。


セコイと言われるかも知れないが、自分は釣果優先主義。


恥じなどは感じない。


迷わずジグヘッドにグラスミノーをセット。


シーバスでワームを使うと何故か白い目でみられるが。


ワームマンに変身だ(笑)。


レンジキープしながらのナチュラルドリフト。


即ヒット。


立て続けの連続ヒットで45〜60クラスを数尾キャッチ。数尾のバラシ。


ハイプレッシャーの中、簡単そうで意外とテクニカルな激スレ時専用湾奥メソッド。


同行の風神氏や周りのアングラーは解ってもらえたはず(笑)。


とりあえず一時納竿し、本命河川をめざす。
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:もぐら
3 4 5 6 7 | 《前のページ | 次のページ》
/25 
 
AutoPage最新お知らせ