NIGHT * SPIDER - X by 江原堅志

真実と答えの全てはフィールドにある。

磯ヒラスズキ、ウェーディングシーバス、青物、そしてフィッシングトリップ。メディアに惑わされず本物を追い続ける実戦主義ソルトルアーフィッシングチーム=NIGHT*SPIDER。

江原堅志、あきんど、小澤剛 がお届けする純度100%実釣リアルレポート。どうぞお楽しみ下さい!

 
舞台は関東近海。 そしてショアラインからの限界。 そんなドラマを求め••• 目まぐるしく変わり行くフォーシーズンの海洋状況に気象状況。 X-STYLEでモンスターフィッシュに立ち向かう。  ターゲットはいつでも本能のままに。 いざ勝負だ !

最近の投稿記事

最近の投稿画像
3/4 インスタグラムのお…

最近の投稿画像
8/27 江原釣行記・近況釣…

最近の投稿画像
7/13 江原釣行記・近況-…

最近の投稿画像
5/8 江原釣行記・平成最…

最近の投稿画像
4/17 江原釣行記・荒れ後…

過去ログ

QRコード

RSS

釣行記・上げのチェック2

ベイトボール下で食った63センチをキャッチ。


そのまま続行。


しかし、その後は反応が思わしくない。


シーバスもそこそこいるがベイトのイナッコが多すぎるのか。


自分の苦手なシャローの上げ。潮位が上がり過ぎないうちに勝負したい。


とりあえずルアーを目立たせる為にシードライブやWizでジャークをおりまぜながら様子を見る。


見た目がダメなら細かいピッチの波動で目立たせる。バリッド煌氏シークレットチューンを遠投。


感度、飛距離ともに最高クラスのシーバスPEエフゼロ。


ゴンゴン当たるイナッコの下側をトレースするとブレイク部でヒット。


60クラスだが、エラ洗い一発、バラしてしまう。


やはりピッチの細かい波動なのか。


しかし再び反応はなくなる。


イナッコはあちこちで騒いでいる。


少しポイントを休ませる為、下流500をメートル位まわるも野犬?やホームレスの方達が多くエントリーが難しい。



来た道をまた戻る。


写真・ピンぼけ(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:もぐら
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/33 
 
AutoPage最新お知らせ