NIGHT * SPIDER - X by 江原堅志

真実と答えの全てはフィールドにある。

磯ヒラスズキ、ウェーディングシーバス、青物、そしてフィッシングトリップ。メディアに惑わされず本物を追い続ける実戦主義ソルトルアーフィッシングチーム=NIGHT*SPIDER。

江原堅志、あきんど、小澤剛 がお届けする純度100%実釣リアルレポート。どうぞお楽しみ下さい!

 
舞台は関東近海。 そしてショアラインからの限界。 そんなドラマを求め••• 目まぐるしく変わり行くフォーシーズンの海洋状況に気象状況。 X-STYLEでモンスターフィッシュに立ち向かう。  ターゲットはいつでも本能のままに。 いざ勝負だ !

最近の投稿記事

最近の投稿画像
7/13 江原釣行記・近況-…

最近の投稿画像
5/8 江原釣行記・平成最…

最近の投稿画像
4/17 江原釣行記・荒れ後…

最近の投稿画像
3/19 江原釣行記・ヒラス…

最近の投稿画像
12/11 江原釣行記・ヒラマ…

過去ログ

QRコード

RSS

江原釣行記・納竿の儀

仕事納めが終わり納会が終わり、あとは釣り納めの儀のみ。


深夜、既に31日の大晦日となった高速道路を大沼ン氏と2人、一睡もせずにひた走る。


セレクトしたのは神奈川の磯。風速16メートルらしい(爆)


インターを降りるとヤバい感じ。とりあえず深夜は秘策の(笑)港湾に切り替える。


3時より実釣スタート。


少し奥まっているので多少はましだが凄い風。その風から外れるように存在するライトアップのスクエアなスロープワンド。更に風下にはマンメイドストラクチャー。


ワンドの外側には強烈な西風による横の流れ。


直感だが、今、自分が捕れるのはここしか無い。


案の定ワンドの入り口付近はルアーにベイトがぶつかってくる感触。


上からレンジを刻むも反応は無い。



今日はバイブもって無いしな〜(笑)


嘘(笑)スライトエッジ!


湾奥で鍛えた港湾の釣り・などと独り言をいいつつフルキャスト。


強風のダウンでラインメンディング。描いたカーブはワンドの外に突き出したストラクチャーのコーナーギリギリに着水。


ボトムを一回とりミディアムリトリーブ。


メンディングされた道のりをスライトエッジがなぞって行く。


コーナーを通過。


ゴン・・


ヒットだ。


水中でパワフルにヘッドシェイクするシーバス。少し高い足場とバラしやすいバイブ。緊張感のある駆け引きだ。


そして無事ネットイン。


70センチジャストのプリスポーンをキャッチ。


クリックすると元のサイズで表示します


早速のキャッチに次が期待されたが、ココはそれっきり。その後夜明けが近くなり磯に移動。


ウェーダーを履き込み、強風を多少は凌げそうなポジションに入る。


数名の先行者。荒波の先頭に立つ1人がヒット中。


三番目位の立ち位置の自分らには反応はなく、無情にも夜は明けた。


朝日が海面を差し、諦めかけたその時、大沼ン氏が叫ぶ!


ヒット〜!


バッカニアが締め込まれる。


ヒラ?マル?


そしてキャッチ。


50弱のワカシ(爆)


クリックすると元のサイズで表示します


さすが自称・外道マスター大沼ン氏だ(爆)しかしイイファイトで羨ましい。良いではないか。


そして切りの良い所で2007納竿。


カッコつけて書いたが、結果シーバス1尾のみにワカシ1。最後を飾る凸凹な釣行(笑)


それでも1尾づつ魚も見れて自分的にはハッピーなラストだった。



魚と自然と多くの友、そして皆様に感謝!


2007年もあと数時間、皆様本当に有り難うございましたm(_ _)m。新年の挨拶もまもなくなので(笑)手短に。


良いお年を!!


Thanks:大沼ン氏、マスターS氏

ロッド:ゼファーPZS86、AR-C906

リール:セルテート2500R、ステラ3000

ライン:東レ・シーバスPE22LB、リーダー25、40LB

ルアー:バンズ、ウィズ、スライトエッジ、ハニートラップ他
投稿者:もぐら=江原
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/18 
 
AutoPage最新お知らせ