NIGHT * SPIDER - X by 江原堅志

真実と答えの全てはフィールドにある。

磯ヒラスズキ、ウェーディングシーバス、青物、そしてフィッシングトリップ。メディアに惑わされず本物を追い続ける実戦主義ソルトルアーフィッシングチーム=NIGHT*SPIDER。

江原堅志、あきんど、小澤剛 がお届けする純度100%実釣リアルレポート。どうぞお楽しみ下さい!

 
舞台は関東近海。 そしてショアラインからの限界。 そんなドラマを求め••• 目まぐるしく変わり行くフォーシーズンの海洋状況に気象状況。 X-STYLEでモンスターフィッシュに立ち向かう。  ターゲットはいつでも本能のままに。 いざ勝負だ !

最近の投稿記事

最近の投稿画像
7/13 江原釣行記・近況-…

最近の投稿画像
5/8 江原釣行記・平成最…

最近の投稿画像
4/17 江原釣行記・荒れ後…

最近の投稿画像
3/19 江原釣行記・ヒラス…

最近の投稿画像
12/11 江原釣行記・ヒラマ…

過去ログ

QRコード

RSS

江原釣行記・久々の一人河川

自分は河川での単独ウェーディングが好きだ。


これはリスキーなゲーム。故にけして人には勧められない。


しかし誰も居ない深夜の河川で孤独なゲーム。たまに不気味な時もあるが、水と一体になれるのは最高に気持ち良いのだ。


ハッキリ言ってシーバスはウェーディングしなくても釣れる。ランカーだって釣れる。


それでも非日常的なシチュエーションかつアドベンチャー要素の高いウェーディングでしか味わえない感動は確実にあるのだ。


後中潮の湾奥河川中流域、深夜23:00。


実釣スタート。


予想以上にちから強い流れ。ワンドからのエントリー。


足元には5〜6センチ位に育った稚鮎が跳ねる。


小さめ細めのサスケSFや、エリア10などでチェックしてゆくも反応はない。


コレと言ったアタリやボイルもなく、アスリート7Sやピースリー、ローリングベイトなども投入するがたまにデカボラにぶつかるのみ。


少し下流に移動。


デカボラに混ざり、15〜20センチ位のイナッコの群れがたまっている流れ発見。


時折何かに追われているかのようにざわめくイナッコ。


シーズンが春だけに、手持ちのルアーでサイズがあるものが少ない。


とりあえずタイドミノーSLDやウィズなどを投げるも反応ナシ。


バンズが欲しい所だが、車の中だ。


それならコイツ。バンズ90プロトにスイッチ。


イナッコは下流から上流に逃げ惑っている。


ほぼダウンストリームで、岸際5メートルのラインをデッドスローに巻き上げる。


ガンっ・・


ひったくりられるようなバイト。


ガシッとアワセを入れる。


ヒットだ。


ダウンでの強烈な引きに豪快なエラ洗い。更に追いアワセをいれる。


フッキングはバッチリだ。


手前まで寄せ、ハンドランディング成功。


クリックすると元のサイズで表示します


毎度セルフタイマーで(笑)


クリックすると元のサイズで表示します


バンズ90プロトと70ジャストのシーバス


その後も時折イナッコはざわめくもバイトはでず、01:00。ソコリをむかえたので納竿とした。


釣果はコイツのみだったが、ベイトボールを荒らしまわるシーバスの強烈なバイトを堪能。


とても感動した1尾。


バチで盛り上がる湾奥エリアだが、河川での稚鮎やイナッコも健在だ。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


ロッド:ゼファーPZS86

リール:ステラC3000

ライン:東レ・シーバスPEエフゼロ22LB、リーダー25LB

ルアー:ロデオ・バンズプロト90、ウィズ、サスケSF95改、エリア10、タイドミノーSLD他
投稿者:もぐら=江原
3 4 5 6 7 | 《前のページ | 次のページ》
/15 
 
AutoPage最新お知らせ