NIGHT * SPIDER - X by 江原堅志

真実と答えの全てはフィールドにある。

磯ヒラスズキ、ウェーディングシーバス、青物、そしてフィッシングトリップ。メディアに惑わされず本物を追い続ける実戦主義ソルトルアーフィッシングチーム=NIGHT*SPIDER。

江原堅志、あきんど、小澤剛 がお届けする純度100%実釣リアルレポート。どうぞお楽しみ下さい!

 
舞台は関東近海。 そしてショアラインからの限界。 そんなドラマを求め••• 目まぐるしく変わり行くフォーシーズンの海洋状況に気象状況。 X-STYLEでモンスターフィッシュに立ち向かう。  ターゲットはいつでも本能のままに。 いざ勝負だ !

最近の投稿記事

最近の投稿画像
8/27 江原釣行記・近況釣…

最近の投稿画像
7/13 江原釣行記・近況-…

最近の投稿画像
5/8 江原釣行記・平成最…

最近の投稿画像
4/17 江原釣行記・荒れ後…

最近の投稿画像
3/19 江原釣行記・ヒラス…

過去ログ

QRコード

RSS

江原釣行記・自分への落とし前

車検以来、撮影なども重なり、久々の本気シーバス。




クリックすると元のサイズで表示します




向かった先は、先日に魚を発見していた運河筋。




前中潮の上げ、23:00よりの実釣。




予想通り魚は入っているる。




サイズも運河にしてはなかなかの様子。




しかし、またしてもバラしを連発し(泣)、バラしカウントが6尾を刻んだ。




バイトしてくるのは、沖合のブレイクと複雑なカバーの重なる際どいスポット。




小さな一角だ。




ハードなカバーまわりと距離感。どうしてもドラグ設定もきつめな為、エラアライをくらうのだ。加えてウェイトのあるルアー達がバラしに拍車(笑)




しかし魚がいるったって、ブツ画がなければ話にならないのがメディアの世界(笑)




1匹はかなりグッドサイズだった。ガッチリ合わせたが、フックを伸ばされてのフックアウト。




60クラスの2匹はランディングギリギリでの・・。



バラし?




言い訳は通用しない。







先日予告してしまったプレッシャーと、久々の本気釣りとは言え、自分の未熟さに半分いやになりかけていたが、それでも頑張って、頑張って、執念のキャッチ







クリックすると元のサイズで表示します

カバーの裏側のボトムからローリングベイトで引っ張り出した、苦労の1匹。カバーに巻かれそうになりリーダーがボロボロだった。




久々のグッドサイズ。目測70以上はあるかと(笑)




てか、すでに02:30(爆)ほっとしての納竿だ。




本当はその後1尾バラしを追加(未熟爆)




キャッチは1匹のみだったが、イイ魚、本当に居ましたでしょ(笑)




ロッド:ゼファーPZS86

リール:セルテート2500R

ライン:東レ・シーバスPEエフゼロ20LB、リーダー25LB

ルアー:ローリングベイト77、ローリングベイト77SSS、スライトエッジ、X-RAP8、ゼクスライド90他
投稿者:江原
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/18 
 
AutoPage最新お知らせ