NIGHT * SPIDER - X by 江原堅志

真実と答えの全てはフィールドにある。

磯ヒラスズキ、ウェーディングシーバス、青物、そしてフィッシングトリップ。メディアに惑わされず本物を追い続ける実戦主義ソルトルアーフィッシングチーム=NIGHT*SPIDER。

江原堅志、あきんど、小澤剛 がお届けする純度100%実釣リアルレポート。どうぞお楽しみ下さい!

 
舞台は関東近海。 そしてショアラインからの限界。 そんなドラマを求め••• 目まぐるしく変わり行くフォーシーズンの海洋状況に気象状況。 X-STYLEでモンスターフィッシュに立ち向かう。  ターゲットはいつでも本能のままに。 いざ勝負だ !

最近の投稿記事

最近の投稿画像
3/4 インスタグラムのお…

最近の投稿画像
8/27 江原釣行記・近況釣…

最近の投稿画像
7/13 江原釣行記・近況-…

最近の投稿画像
5/8 江原釣行記・平成最…

最近の投稿画像
4/17 江原釣行記・荒れ後…

過去ログ

QRコード

RSS

江原釣行記・ワンセクション

自宅を出る前に小澤氏に電話すると、どうやらグッドサイズをキャッチした様子(前ページ)




それなら・と、並行するラインの一つ外側セクションの調査へ向かった。




メインのストラクチャー周りはエサ釣りの方が居たのでスルーし、直線護岸の沖にあるブレイク打ちにした。




全て同じに見える延々と続く直線護岸。その沖には延々と続く人工のブレイク。この長いブレイクのどこにでもシーバスが釣れるわけではない。




捕食ポイント、釣り易いポイントを絞らなくてはならないのだ。




北東が横から吹き抜け、風に押された潮が、岸伝いに飛び出したストラクチャーにぶつかり、手前に向かって大きく巻いている。




そのシャローにベイトのイナッコがごっちゃり。岸と平行に走るブレイクは25メートル先だ。




そんなストレートに伸びる岸壁に『ここですよ〜』と言わんばかりに巻いた流れが当たっていた(笑)。




若潮の上げ、23:00過ぎからのスタート。




若干の向かい風、飛距離もいるのでローリングベイトでチェック開始。流れのぶつかるブレイクを重点的かつ大切に攻める。




反応がないので、そのままレンジバイブへとスイッチすると、早速手前でのヒット。




クリックすると元のサイズで表示します

小さいですが(笑)




そのまま連発して行く





クリックすると元のサイズで表示します

今度は50クラス




バイトはガッツリくる感じだ。




そのまま更に2尾ほどヒットさせるもバラしてしまったが、さらに一本を追加。




クリックすると元のサイズで表示します

コイツは55クラス。前の魚と尻尾が似てますが違う魚ですよ(笑)




サイズは選べそうもないので同じエリアの一番美味しそうな10メートル間をいったり来たりの回遊待ち。




しっかりとした流れがブレイクをかすめた時にバイトが出る感じだ。




ここで縦に走る潮目が現れた。潮目は右からゆっくりと流れ、捕食スポットと重なる。




ベイト+流れ+ブレイク+潮目+●●のグッドファクター×5の黄金方程式ではないか?なんて考えつつ(笑)




レンジバイブを遠投し、1〜2カウント少しフォールさせてからゆっくり巻くと、ガツンとバイト。




なかなかのパワーだ。




慎重に寄せ、ライトを当てるとフッキングはバッチリ。




落ち着いて頭からネットに誘導した。




クリックすると元のサイズで表示します

今日1サイズで唯一のブツモチ(笑)。目測65クラス。やはり最高のタイミングで来た。




その後、潮目はどこかへ消え(笑)、コイツをキャッチ




クリックすると元のサイズで表示します

またチビです(笑)




更にレギュラーサイズを一本バラし、雨が強くなったので00:40。納竿とした。




一時間半の楽しいゲーム。




風がなければ他のルアーも試して見たかったが、風があったからこそこの結果になったのだろう。




ちなみに持っていったルアーはこれだけ(笑)

クリックすると元のサイズで表示します




PS.リンク集に、Hajimeさんのサイト=Road to Anglerと、Toshiさんのサイト=ToshiのFishingが加わりました(どちらもPCのみの閲覧)宜しくお願い致します!



ロッド:プレジールDP83

リール:セルテート2500R

ライン:東レ・シーバスPEエフゼロ20LB、リーダー25LB

ルアー:レンジバイブ70ES
投稿者:江原
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/15 
 
AutoPage最新お知らせ