NIGHT * SPIDER - X by 江原堅志

真実と答えの全てはフィールドにある。

磯ヒラスズキ、ウェーディングシーバス、青物、そしてフィッシングトリップ。メディアに惑わされず本物を追い続ける実戦主義ソルトルアーフィッシングチーム=NIGHT*SPIDER。

江原堅志、あきんど、小澤剛 がお届けする純度100%実釣リアルレポート。どうぞお楽しみ下さい!

 
舞台は関東近海。 そしてショアラインからの限界。 そんなドラマを求め••• 目まぐるしく変わり行くフォーシーズンの海洋状況に気象状況。 X-STYLEでモンスターフィッシュに立ち向かう。  ターゲットはいつでも本能のままに。 いざ勝負だ !

最近の投稿記事

最近の投稿画像
7/13 江原釣行記・近況-…

最近の投稿画像
5/8 江原釣行記・平成最…

最近の投稿画像
4/17 江原釣行記・荒れ後…

最近の投稿画像
3/19 江原釣行記・ヒラス…

最近の投稿画像
12/11 江原釣行記・ヒラマ…

過去ログ

QRコード

RSS

江原釣行記・ひとり深夜に魔のスリットを越え

とあるメジャー地雷原。そこに存在する某スリット。




このルートは昨年から開拓中のポイントで、途中に越えなくてはならない非常に奴らの溜まりやすい、訳ありスリットがある(爆)




通称「デビルスリット」




ココを渡れる潮位は最高潮位で130。そしてポイントとして成立するのが干上がってしまう前の80くらいまで。




隆起したカキ殻帯で構成される地形と、このマニアックで微妙な潮位のタイミングの時にだけ成立する、幻のポイントなのだ。




久しぶりにエイガードを装着




クリックすると元のサイズで表示します




ちなみに外付けエイガードはロッドベルトで固定すると快適だ。


クリックすると元のサイズで表示します




本日は久しぶりの為、藪でエントリールートが完全にふさがっており、手前別ルートからエントリー。




そして小潮の130。深夜01:00より単独にて突入開始。




数分ほど歩き、いよいよスリットを越える。




以前にも地雷を踏んでいるエリア。1人でかなり怖いため(笑)ライトを点滅させ、水中を照らし、ストックを突くと言うより、水面をバシバシ叩きながら渡る。




ポケットが半分以上浸かるエリアを無事に通過すると、そこには僅かな時間にだけ存在するカキ柄帯のハードボトムシャローが広がる。




そして下流域にありながら、こうばいのあるポイントの為、小潮でもガンガンに流れるのだ。




点在するカキ殻帯の魚を拾うように探る。




開始早々にテンポ良く数尾ヒットするもバラし、ようやくキャッチ



55クラス・B-太80SR


クリックすると元のサイズで表示します




エリア全体は非常に浅く、バンズやグースでもリトリーブコースを間違えると、すぐに根掛かりする浅さだ。




こちらは今日1の65あるなしサイズ・グース90



クリックすると元のサイズで表示します




その後も飽きないていどの反応、釣果は50〜65クラスを7ヒット3キャッチと今時期にしては普通だが、スリリングなゲーム展開を楽しむ事ができた。




クリックすると元のサイズで表示します




レギュラーシーバスをたった3尾釣るだけの為に、体をはる。






シーバスアングラーとは愚かな人種だ(爆)






帰りもスリットを無事に通過。本日もミッションは終了。






PS・毎度ながら、単独ウェーディングは、絶対に真似をしないよう、お願い致しますm(_江_)m


ロッド:ゼファーPZS86

リール:ステラ4000

ライン:東レ・シーバスPEパワーゲーム22LB、リーダー25LB

ルアー:B-太80SR、グース90F、バンズ90、VOLTZ、ゼファー他

カモフラパーカー:SEVEN2
投稿者:江原
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/13 
 
AutoPage最新お知らせ