NIGHT * SPIDER - X by 江原堅志

真実と答えの全てはフィールドにある。

磯ヒラスズキ、ウェーディングシーバス、青物、そしてフィッシングトリップ。メディアに惑わされず本物を追い続ける実戦主義ソルトルアーフィッシングチーム=NIGHT*SPIDER。

江原堅志、あきんど、小澤剛 がお届けする純度100%実釣リアルレポート。どうぞお楽しみ下さい!

 
舞台は関東近海。 そしてショアラインからの限界。 そんなドラマを求め••• 目まぐるしく変わり行くフォーシーズンの海洋状況に気象状況。 X-STYLEでモンスターフィッシュに立ち向かう。  ターゲットはいつでも本能のままに。 いざ勝負だ !

最近の投稿記事

最近の投稿画像
7/13 江原釣行記・近況-…

最近の投稿画像
5/8 江原釣行記・平成最…

最近の投稿画像
4/17 江原釣行記・荒れ後…

最近の投稿画像
3/19 江原釣行記・ヒラス…

最近の投稿画像
12/11 江原釣行記・ヒラマ…

過去ログ

QRコード

RSS

あきんど釣行記:検証無用

この秋は…




ここ近年で一番…




魚を見てない、あきんどです(笑)




9月以降、今後のステップアップを狙い、いくつかのプロトルアーを作成しました。
どれも以前からイメージはあったのですが、釣りするのに夢中で形に出来ていなかった物ばかりです。




最近その新しいハンドメイドルアーの検証(?)が楽しく、それらを動かすことに大半の時間を使ってしまい、逆に魚を出すことに集中出来てません(汗)




ルアーに気持ちを込めるには、どうしても使い込む必要がありますし、そうしないと理解も出来ないです。理解しないと、いざと言う時にルアーは答えてくれませんからね。




このようにヌルく、かつシビアな秋の楽しみ方が出来るのも、変態ビルダーの特権かもしれませんね(笑)




検証…新しく追加したいくつかのカテゴリの中で、この秋一番力を入れているのが、シャローでのトップレンジの釣りです。




人は人が生きていけない水中へ静かに浸かり、魚は魚が生きていけない水面上へ激しく飛び出す…
その境界線での駆け引きがたまらなく面白いです。




湾奥河川にて、こいつは数十メートル先、プロトペンシルの3アクション目、空中に全身を出してバイトしてきたファイターです。


クリックすると元のサイズで表示します


ルアーが口につっかえ棒になり、フックが刺さってなかったため、ズリ上げと同時にフックが外れました(汗)




こいつは満月でほぼ無風の中、Category-W90の引き波のみ反応が良く、でも食いが浅くなかなか乗らない状況だったので、奥義(小技)『お祓いメソッド』を使いガッツリ食わせました(笑)


クリックすると元のサイズで表示します


水面で乗りが悪いときは、手前まで追って来てるけど見切られてしまっている事が多々あります。
そんな時は残り数メートルで、リトリーブしながら立てていたロッドを左右どちらかに倒し、その後さらに逆サイドに倒します。




引き波の軌跡が左右に変化するため、魚が我慢しきれずに、リアクションで思わず口を使ってしまうことがあるんです(笑)




この2本のルアーをローテしていると、同じ水面のルアーでありながら、バイトしてくる魚の意識が全く違うと言うことが最近わかって来ました♪


クリックすると元のサイズで表示します


その辺はもう少し深く検証し、突き詰めてまた書きたいと思います。




さてこの秋は何度水面を爆発させる事が出来るか(笑)




それでは最後に挙句を頂戴して、本日の興行を終了とさせて頂きます。



「芸〜術〜は〜、爆発なしでは〜、語〜れな〜い〜」



■使用タックル

ロッド:リップルフィッシャー Flows 810

リール:Daiwa BRANZINO 3000

ライン:ヨツアミWX8 1.2号





投稿者:あきんど
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/16 
 
AutoPage最新お知らせ