NIGHT * SPIDER - X by 江原堅志

真実と答えの全てはフィールドにある。

磯ヒラスズキ、ウェーディングシーバス、青物、そしてフィッシングトリップ。メディアに惑わされず本物を追い続ける実戦主義ソルトルアーフィッシングチーム=NIGHT*SPIDER。

江原堅志、あきんど、小澤剛 がお届けする純度100%実釣リアルレポート。どうぞお楽しみ下さい!

 
舞台は関東近海。 そしてショアラインからの限界。 そんなドラマを求め••• 目まぐるしく変わり行くフォーシーズンの海洋状況に気象状況。 X-STYLEでモンスターフィッシュに立ち向かう。  ターゲットはいつでも本能のままに。 いざ勝負だ !

最近の投稿記事

最近の投稿画像
3/4 インスタグラムのお…

最近の投稿画像
8/27 江原釣行記・近況釣…

最近の投稿画像
7/13 江原釣行記・近況-…

最近の投稿画像
5/8 江原釣行記・平成最…

最近の投稿画像
4/17 江原釣行記・荒れ後…

過去ログ

QRコード

RSS

あきんど釣行記:浸水無用

今日はパートナーを組ませてもらっている小澤氏が仕事多忙と言うことで単独行動。




場所は干潟エリアを選定。



私の行く干潟エリアの中で、ここは人の手によって流れが操作されてない、唯一の干潟だ。



ゆえに攻略しがいがある。
ここを本格的に始めて2年目になるが、最近…うまく言えないが、目先の地形だけでなく、干潟の全体感が少しだが見えるようになってきた。




なぜこのような形をしているのか…その形によって流れはどう発生するのか…




あくまでも私の意識レベルの話ではあるのだが。




駐車場に着くと凄い人(汗)
さすが土曜の大潮だ(汗)




着替えてエントリーすると、思ったより潮が落ちてなく、強引に突っ込んだら穴に落ちていきなり浸水(笑)特攻隊長不在だと、この部分はかなり苦戦します(涙)




しかも私のスリップストリームには5人、プレッシャーものしかかります(爆)




頭の中に…




『Do you like 沈?』




…の文字が一瞬よぎり…ニヤついてしまった(爆)




ポイント周辺に着くと、やはりいたる所に人が居る。
今日は水中ランガンは無理そうなので、気になる場所を細かく刻んで行くことにする。




1箇所目…異常なし!(汗)




2箇所目…以下同文(涙)




3箇所目…




スロージャークを交えて引いてきたCategory-D110にショートバイト。




更にCategory-M115にチェンジしても同様にショートバイト。




これは何かが根本的に違う。どうもルアーの波動が嫌がられてる。




…と直感しシンキングペンシルのCategory-N110にチェンジする。




この秋のN110、去年のモデルに比べ、『水を掴む⇒抜ける』の一連の流れがスムーズになるように若干改良していて、アクションが旧型より優しい仕上がりになっている。




するとレギュラーサイズながら3投連続ヒット。

クリックすると元のサイズで表示します




でも捕れたのは1本(笑)




その後30分程度反応がなく、ルアーを再びN110にチェンジすると、ティップから数メートル先、ルアーが浮上した瞬間に『ゴバッ!』と水柱があがりロッドに衝撃が走る。




手前でのヒットで、凄い暴れ方をしたため、まずはドラグを緩めて走らせ、止まった所で、追い合わせを1発!




その後は落ち着いて去なして、無事ハンドランディング♪




バックリくわえてルアーを歯形だらけにしてくれました♪

クリックすると元のサイズで表示します




超デブデブで凄い肉厚の魚だったので、70後半サイズかと思いましたが、中盤サイズでした(笑)

クリックすると元のサイズで表示します




その後はレギュラーサイズを1本バラシ、干潮をむかえたため深追いせずに陸上がり。




さて11月最後の大潮周り、どこまでイケるかわかりませんが…




久々に『3倍海王拳』を使い頑張ります。




今回のヒットルアーはこれです。
Catecory-N105(スケルトンレッドヘッド)、アイまで傷だらけになりました♪

クリックすると元のサイズで表示します



それでは最後に挙句を頂戴して、本日の興行を終了とさせて頂きます。



「厚〜底〜の、バカ〜長〜欲し〜い、某〜干潟〜」



■使用タックル

ロッド:リップルフィッシャー Flows 810

リール:Daiwa BRANZINO 3000

ライン:ヨツアミWX8 1.2号




投稿者:あきんど
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/14 
 
AutoPage最新お知らせ