NIGHT * SPIDER - X by 江原堅志

真実と答えの全てはフィールドにある。

磯ヒラスズキ、ウェーディングシーバス、青物、そしてフィッシングトリップ。メディアに惑わされず本物を追い続ける実戦主義ソルトルアーフィッシングチーム=NIGHT*SPIDER。

江原堅志、あきんど、小澤剛 がお届けする純度100%実釣リアルレポート。どうぞお楽しみ下さい!

 
舞台は関東近海。 そしてショアラインからの限界。 そんなドラマを求め••• 目まぐるしく変わり行くフォーシーズンの海洋状況に気象状況。 X-STYLEでモンスターフィッシュに立ち向かう。  ターゲットはいつでも本能のままに。 いざ勝負だ !

最近の投稿記事

最近の投稿画像
8/27 江原釣行記・近況釣…

最近の投稿画像
7/13 江原釣行記・近況-…

最近の投稿画像
5/8 江原釣行記・平成最…

最近の投稿画像
4/17 江原釣行記・荒れ後…

最近の投稿画像
3/19 江原釣行記・ヒラス…

過去ログ

QRコード

RSS

江原磯釣行記・ヒラと穂高

ずっと楽しみにしていた残雪期・西穂高岳の山行が中止に。





当日の穂高エリアは強風30メートルに加え100ミリもの氷雨。アプローチのゴンドラも運休となった。





厳寒期より南八ヶ岳で数回のトレーニングをしていただけあり、

クリックすると元のサイズで表示します

とても残念な気分だったが、天候の荒れた北アルプスの厳しい大自然に逆らったところで敵うわけがない。

素直に山岳会リーダーS氏の判断を受け入れた。





そしてS氏と二人、そんなに風つよいならばと磯ヒラに変更しますか!となった(笑)





磯へつくと、





クリックすると元のサイズで表示します

こっちもかなり風が強い。てか強すぎ(爆)

風速は南西の20メートル前後。とりあえず地図とにらめっこしながら出来そうなポイントを探す。





南向きの磯場はシケで前にも出られず、向かい風でキャストもままならない感じ。





30キロほど移動し、3箇所目の磯。なんとか撃てそうだ。




クリックすると元のサイズで表示します




S氏と広範囲に散らばり、荒れすぎず、ショボすぎない根まじりサラシを探しながら丁寧にチェックしてゆく。





ここって北よりだと、サラシはあまりでないんだけど、今日は良さげかも。





気になるな〜と、アサシン140Sをキャスト。





沖根と手前の磯が繋がるサラシをスローで通すと





ゴンっ





ヒット〜!





小さいけどヒラだ。





慎重に潮裏にまわし、40LBリーダーがスプールに巻かれているのを確認。





で、ブッコ抜き(笑)





クリックすると元のサイズで表示します

小さいながら、感動の銀鱗。ブラックダイヤモンド(原石クラスですが笑)サイレントアサシン140S





サイズに関係なく銀鱗とのファイトはなにもかも忘れる最高の瞬間。本当にありがとう。




その後だいぶポイントが混んできたので移動。





大荒れのなかランガンを再開。




クリックすると元のサイズで表示します




途中表れたアオダイショウ。




クリックすると元のサイズで表示します




15時を過ぎ、ラストの磯も反応が出せずおひらきにした。




山へは行けなかったがヒラに癒された釣行になった。S氏、また山行も宜しくお願いいたします!





クリックすると元のサイズで表示します




THANKS:S氏

ロッド:風神号バッカニア116M

リール:ツインパワーSW4000XG

ライン:東レ・シーバスPEパワーゲーム26LB、パワーゲームリーダーナイロン40LB

ルアー:WiZ、サイレントアサシン140S、リップライザー110改他



投稿者:江原
4 5 6 7 8 | 《前のページ | 次のページ》
/10 
 
AutoPage最新お知らせ