NIGHT * SPIDER - X by 江原堅志

真実と答えの全てはフィールドにある。

磯ヒラスズキ、ウェーディングシーバス、青物、そしてフィッシングトリップ。メディアに惑わされず本物を追い続ける実戦主義ソルトルアーフィッシングチーム=NIGHT*SPIDER。

江原堅志、あきんど、小澤剛 がお届けする純度100%実釣リアルレポート。どうぞお楽しみ下さい!

 
舞台は関東近海。 そしてショアラインからの限界。 そんなドラマを求め••• 目まぐるしく変わり行くフォーシーズンの海洋状況に気象状況。 X-STYLEでモンスターフィッシュに立ち向かう。  ターゲットはいつでも本能のままに。 いざ勝負だ !

最近の投稿記事

最近の投稿画像
8/27 江原釣行記・近況釣…

最近の投稿画像
7/13 江原釣行記・近況-…

最近の投稿画像
5/8 江原釣行記・平成最…

最近の投稿画像
4/17 江原釣行記・荒れ後…

最近の投稿画像
3/19 江原釣行記・ヒラス…

過去ログ

QRコード

RSS

江原遠征記・釣りだけじゃない!夏の新島1(前編)

今年も始まった夏の新島トリップ。毎年行われるこの釣り旅も、かれこれ10年近い歴史だ。





日曜日。濃厚な仕事を終え、急いで帰宅。22:00に毎度の竹芝桟橋に集合。





クリックすると元のサイズで表示します





毎年この旅が楽しみで集まる仲間たち。





チケットに必要事項の記入を済ませ、船に乗り込む。





さぁ、出港だ!





さるびあ丸のエンジン音がグォ〜ンとうなる。



何度聞いてもワクワクする音だ。





このトリップでは仕事の話しなどは一切禁止されている。話していいのはそう、釣りの話し、サーフィンの話し、飲み食いの話しとギャル・・いやいや楽しい話しのみ(笑)





出港とともにはじまる宴会





クリックすると元のサイズで表示します

舌だしてもう酔ってますが(笑)





偶然同じ船になった知り合いの仲間も。偶然の出会いは旅の醍醐味





クリックすると元のサイズで表示します





そして必然ともいえる?華々との出逢いも旅の醍醐味だ(笑)





クリックすると元のサイズで表示します





船旅での宴は深夜まで続き、レストランを追い出されデッキへ。





クリックすると元のサイズで表示します

いつまでも話していられるハイテンション。






きりのいいところでぶっ倒れるように眠りについた。







●新島初日





朝06:30。新島に船は到着。

ねむけまなこのまま、あわてて下船する。





クリックすると元のサイズで表示します





よしっ今年も来られたぞ。俺達のパラダイス=新島へ!





まずはいつもお世話になっているサーフステーションハブシにチェックインする。





ハブシのオーナー夫妻や、息子さんに挨拶し、車を手配。





一息入れたら釣り!と言いたいところだが、ひとまずは皆の楽しみの一つサーフィンへGO!





クリックすると元のサイズで表示します





まずは正面の波伏浦からチェック。





クリックすると元のサイズで表示します

お〜!美しい新島の海よ〜。





こちらはヘリポートのある通称ヘリ下





クリックすると元のサイズで表示します

今日はここが良さそうだ。






長い坂道をくだりパラソルをたて、皆サーフィンの準備にとりかかる。





クリックすると元のサイズで表示します





波のサイズはさほど大きくはなく、ヒザ〜ハラ。良くて胸といったところ。自分にも楽しめそうだ。サーフィン好きな仲間には物足りないかもだが、このロケーションならやはり最高だ。





クリックすると元のサイズで表示します





ちなみに自分はサーフィン数年ぶりのたしなむ程度。





沖の波では杉山のローラーコースターが炸裂!





クリックすると元のサイズで表示します

パッコ〜ン!





焼けつくような太陽の下、あっという間に3時間ほどサーフィンを楽しみ、もうグッタリ。

なにせ地形の決まった新島の波は乗り放題だから(笑)





波乗りをしたらこんどこそ釣り!

ではなく飯。あわてないあわてない(笑)





今回のスペシャルゲストは2歳のゆうた。





クリックすると元のサイズで表示します

カレーが大チュキきだって。





そしていよいよ夕マズメの海へ





ところが軽く1時間ほど黒根港をチェックしてみたがまったくダメ(笑)毎度ながらちょっと不安にさせる新島だな〜。





クリックすると元のサイズで表示します

ただの旅ブログになりませんように。





まぁトリップは釣果にカリカリしても仕方ない。一番可能性があるのは明日の朝マズメの波伏港。

温泉にでも入ってさっぱりすることに。





温泉への道のりからは美しい夕陽。





クリックすると元のサイズで表示します

何度見てもいい。





露天風呂をたのしんだ後は居酒屋日本橋で新島ローカルもまじえ宴をした。




クリックすると元のサイズで表示します





旨い魚に





クリックすると元のサイズで表示します





楽しい話しが弾み、





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





その後はサーフステーションに戻り死んだように寝た。







●2日目





03:30。ピッピピ、ピッピピと目覚ましが鳴り響く。





いよいよ釣りの本番だ。





まだ暗いうちに波伏港に到着し、釣座をキープ。夜があけたらプライムタイムだ。





空が薄明かるくと同時にキャスト開始。





南西の風10メートル。サイドオンの向かい風の為、風が弱まったタイミングでWiZをキャストしてゆく。





しばらくして同行者ポークのアスリートピンテールに何かがヒット!





がバラす。





レンジは下か?





サイレントアサシン140Sにスイッチ。





アサシンを出来るだけ遠投し、早巻きするとゴンっとヒット!





くぅ〜!小さいながらこの青物のファイトはたまらない。





上がってきたのはイナダ。





クリックすると元のサイズで表示します

とりあえずアブレは解消。釣りブログ成立。





しかし後がなかなか続かずその後は杉山に35センチのショガンパと、自分にまあまあなゴマサバが出たのみで終了。





クリックすると元のサイズで表示します



今回はかなり渋い展開だ。先月の台風の前までは、シイラやメジが上がっていたのだが、それは既に終わっている。

今、新島の一番いいターゲットは1.5〜2.5キロクラスの子カンパ(ショガンパよりちょっとデカイカンパチ)だそうだ。





せめてそいつが釣りたいところ。夕マズメにまたこよう。





とりあえずかじやベーカリーで朝食のパンを食べる。




クリックすると元のサイズで表示します





そしてロータイドの時間は今日も皆でサーフィン





クリックすると元のサイズで表示します

荒木さんのテイクオフ






そして夕マズメとなり、今度は黒根港へ。





最近は工事が入っていて潮の効きが弱い黒根港。しかし夕方のサンセットを見ながら釣りができるのが魅力だ。





結果は1時間で30〜40センチのショガンパが2尾のみ。





クリックすると元のサイズで表示します





まあバーベキューの刺身は獲れたのでよしとしよう。





後編へつづく











投稿者:江原
2 3 4 5 6 | 《前のページ | 次のページ》
/7 
 
AutoPage最新お知らせ