NIGHT * SPIDER - X by 江原堅志

真実と答えの全てはフィールドにある。

磯ヒラスズキ、ウェーディングシーバス、青物、そしてフィッシングトリップ。メディアに惑わされず本物を追い続ける実戦主義ソルトルアーフィッシングチーム=NIGHT*SPIDER。

江原堅志、あきんど、小澤剛 がお届けする純度100%実釣リアルレポート。どうぞお楽しみ下さい!

 
舞台は関東近海。 そしてショアラインからの限界。 そんなドラマを求め••• 目まぐるしく変わり行くフォーシーズンの海洋状況に気象状況。 X-STYLEでモンスターフィッシュに立ち向かう。  ターゲットはいつでも本能のままに。 いざ勝負だ !

最近の投稿記事

最近の投稿画像
8/27 江原釣行記・近況釣…

最近の投稿画像
7/13 江原釣行記・近況-…

最近の投稿画像
5/8 江原釣行記・平成最…

最近の投稿画像
4/17 江原釣行記・荒れ後…

最近の投稿画像
3/19 江原釣行記・ヒラス…

過去ログ

QRコード

RSS

江原遠征釣行・2012新島トリップ・1STラウンド・ショアシイラをキャッチせよ

2012。今年も新島に上陸。





クリックすると元のサイズで表示します





今現在の新島ではなんとショアからシイラが上がっているらしい。


もちろん相手は回遊魚。こればかりはタイミング次第だが。





さっそくサーフステーション・ハブシにチェックイン。





車を手配し、まずはサーファー達をサーフポイントのアワイ浦に送る。





クリックすると元のサイズで表示します





サーファー達を降ろしたら、こちらも様子見をかね調査の開始だ。





それじゃ、サーフィン楽しんで!





クリックすると元のサイズで表示します





自分は独り、ハブシ港の様子を見にゆく。





誰もいないハブシ港。数日前までシイラが上がっていたのは反対側の黒根港。ローカルアングラー達はみな黒根に行っている様子。





まあのんびりと。とりあえずミノーを投げてみる。





開始すぐにショガンパが数尾追って来たがそれっきり。





程なくして民宿治五平のノリさん登場。





クリックすると元のサイズで表示します

新島の釣り名人だ。





ノリさんと一緒に竿を振り、島全体の情況を教わる。





クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと前までトビウオ追ったシイラが居たんだけどここ数日は上がってないね〜。黒根もハブシもさっぱり。今日は潮色もイマイチダメだね。


とノリさん。





ムムム、またしてもいやな予感(笑)





やはりシイラはタイミングか。潮の入れ替わりが激しいのはわかった。





結局そのままなんのバイトもなく、サーファー達をピックアップしに。





ひとまずサーフステーションに戻った。







夕方からはバーベキュー開始





クリックすると元のサイズで表示します

これも新島の楽しみの一つ。





地元ローカルヒラ師のコウニイ氏、ノブ氏も加わり釣り談義で盛り上がる。





クリックすると元のサイズで表示します





こちらサーファー達はギャルサーファーとお楽しみか(笑)





クリックすると元のサイズで表示します

宴もたけなわ。明日の朝マズメに備え、22:30には寝た。








ZZZZZZZZZ・・・・







いよいよ本番を迎えた朝。





03:30に起床し支度を始める。





そしてまだ暗い夜明け前のハブシ港に到着。





クリックすると元のサイズで表示します

アングラーは自分らの他にはブッコミの方が二名のみ。





なにもないままに夜が明ける





クリックすると元のサイズで表示します





撃てども撃てどもなにもなし。シイラやカンパチはおろかサバすら追ってこない。





そんな中、ふと横をみると・・・・





ブッコミの方のロッドが満月に!





デカイ!





ジャンプはないのでシイラではない。カンパチか、ブリか、はたまたヒラマサか?





ランディングしたぞ!





クリックすると元のサイズで表示します

サカタザメ〜(-_-;)



しかもそれっきり。






ポイントを変えることに。





黒根に急行だ。





黒根に到着すると、またしてもいやなムード。ローカルのノリさん、マリンさん、皆何もナシだそう。





ヤバイ。すぐさまハブシ港に戻ることに。





ハブシ港へ戻ってみると、先程は無かった真っ青な海の沖合いに真っ黒な潮目がくっきり!


しかも徐々に近づいてくるように見える。





仲間は皆諦めムードな中、あの潮目がだめなら自分も諦めると決め、潮目の接岸を待つ。





数十分たったろうか。さっきまで沖にあった潮目は、ここから300メートル先の堤防の一番はしっこからの射程圏内に入った。





俺やってみるよ。





仲間に告げ、遥か300メートル先の堤防のはしっこへ。





潮目はクッキリとしたブルーと黒のツートーン。しかも浮遊ゴミあり。

イケるか?





とりあえず潮目に向かい魚道130MIDをキャスト開始。





数投目にゴンと何かがアタった。





カンパチ?





次のキャストを同じラインに決める。





着水して素早くリトリーブを開始。2〜3回巻いたところで、





ガツンっ





ヒット!






次の瞬間、魚が宙を舞う






シイラだ!





ファイト開始。





ジイジイィ〜〜〜〜〜〜〜





ファーストランをクリア。





大声で仲間を呼ぶ。来たよ〜!ギャフ〜!ギャフくれ〜〜〜っ!





カンパチを想定したタックルセッティングだった為、難なくシイラをいなしたが、堤防の高さは3メートル以上ある。





70クラスならゴボウ抜きだが、見たところメーター近い。ギャフがなければ絶対に上がらないサイズだ。

手前で魚を貯めて仲間を待つ。





手前まで来てからグイグイとドラグを出すシイラ。足元はフジツボの岸壁。





岸壁に擦られそうになりながらクリアし、耐える。





グイグイっ・ジジジ〜〜〜〜〜っ





あっフックが横にずれた。ピンチ。早くしてくれ〜!




ギャフを持った仲間が走って来た。





そして杉山がギャフを決める(魚は島民に寄贈)。





クリックすると元のサイズで表示します





よしっ。ショアシイラをキャッチだ!





クリックすると元のサイズで表示します

オカッパリでコレならなかなかでしょ





クリックすると元のサイズで表示します

魚道130MID





1ラウンド目はこれ一本終了。とりあえずミッションはクリアだ。





続く








投稿者:江原
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/6 
 
AutoPage最新お知らせ