NIGHT * SPIDER - X by 江原堅志

真実と答えの全てはフィールドにある。

磯ヒラスズキ、ウェーディングシーバス、青物、そしてフィッシングトリップ。メディアに惑わされず本物を追い続ける実戦主義ソルトルアーフィッシングチーム=NIGHT*SPIDER。

江原堅志、あきんど、小澤剛 がお届けする純度100%実釣リアルレポート。どうぞお楽しみ下さい!

 
舞台は関東近海。 そしてショアラインからの限界。 そんなドラマを求め••• 目まぐるしく変わり行くフォーシーズンの海洋状況に気象状況。 X-STYLEでモンスターフィッシュに立ち向かう。  ターゲットはいつでも本能のままに。 いざ勝負だ !

最近の投稿記事

最近の投稿画像
7/13 江原釣行記・近況-…

最近の投稿画像
5/8 江原釣行記・平成最…

最近の投稿画像
4/17 江原釣行記・荒れ後…

最近の投稿画像
3/19 江原釣行記・ヒラス…

最近の投稿画像
12/11 江原釣行記・ヒラマ…

過去ログ

QRコード

RSS

あきんど釣行記:泥水無用

さて、春休み釣行第一弾♪




房総へ一泊二日で出撃しました。




ここ2週連続、週末は濁りとの戦い。




最近の房総、ちょっと荒れると酷い濁りが入り、しかもそれがなかなか抜けない気がする。




黒潮が遠く、海流レベルで沿岸の流れが効いていないのか?
(これがアップされた現在は、めっちゃ寄りましたが(笑))




そこまでの話になると私には全然わからん(汗)




今回も木曜日に雨風吹いて、同じ状況になるのはある程度予想していた。








初日




木曜日、仕事を終えて23時に帰宅し、晩飯を食べて寝ずに出発。




まず朝マヅメの第一ポイント。




いつも渡るスリットをライトで照らすと、やはり酷い濁りでウネリも強烈。




これは期待出来ないなと思いつつ明け待ち。




やがて夜が明けて全貌が明らかになると・・・




やっぱダメだこりゃ(汗)




1時間やらずに見切る。




第二ポイント・・・NG




第三ポイント・・・NG




・・・




・・・




・・・




結局、第八ポイントまで来ちゃった(笑)




そこから夜勤明けで遅れて到着予定のヒグマ氏に合流♪




なるほど、ここは今までで一番水質が良い♪




しかしエントリーすると・・・波高ぇ〜(汗)

クリックすると元のサイズで表示します



沖で立ち上がる波は身長をはるかに超えている(汗)




これじゃあ、魚もおそらくショアラインに着けないし、ルアーだって上手く通らない。




安全な範疇で攻めるも反応なく、ここでちょっと遅い昼休憩。




その後さらにエリアを変えるも、反応なくヒグマ氏は帰宅。




私は別エリアをさらに下見に行くと、M氏に遭遇(笑)




朝マヅメをご一緒する約束して、17時半ここまで一睡もしていなかったため力尽きる(笑)




起きたら23時半だった(笑)








そして2日目♪




SASA氏も合流し、M氏と3人で叩く。




今日は昨日とは一転してベタ凪。




水の色は若干菜っ葉色していて、魚が出ない程ではない気がしたが・・・




全く反応取れず朝8時に上がる。(Mさん大変お世話になりました、また是非宜しくお願いします)




M氏とはここで別れ第二ポイントへ。




SASA氏が単独で撃ち、私は昨日の疲れもあり、お昼寝(笑)




そして昨日ヒグマ氏と撃った、第三ポイントへ。




やはりここが一番水色が良い。




しかし波はすっかり落ち着いてしまい、サラシは濃いとは言えない。

クリックすると元のサイズで表示します



セットが入った時だけ何とかなるかな・・・




と言うような感じ。




二手に分かれて探る。




私はテンポ良くランガンして行く。




ここは久々にハンドメプラグでしょ♪




M130をつけて細い縦スリットの出口付近を探る。

クリックすると元のサイズで表示します


左手の大きな根を波が超えて、セットが入ると良い感じにサラす。




波に押させるように漂わせると、根際でガツンとバイト♪




フッキングを入れるも、2度目の突っ込みで悲しいかなフックアウト(涙)




まだ居ると自分に言い聞かせ再開すると・・・




今度は足元までルアーを漂わせると、真下からヒラスズキがゆっくり浮上してきて、ルアーの3センチ後方でUターン(汗)




うわぁ〜そこまで来たなら食えよ(汗)




においを嗅いで帰るとはなんて失礼な奴だ(笑)




次のキャストでもまた同じヒラスズキに同じことをされて・・・




次からは反応しなくなってしまった(涙)




少し場を休めることに。




ハンドメプラグから、もう少しアクションのピッチが細かい市販のルアーにチャンジし・・・




さらに立ち居地を5メートル程度後方にずらしてキャスト。




するとショートバイト。




さらにサラシが濃くなる状態を待ってキャスト。




スローに巻いてくると・・・ガン!!




やっと食わせた!!




至近距離だったでの突っ込みをいなして浮かせ、テーブル状の磯へズリ上げ♪




上げた瞬間フックが外れて、ヒヤヒヤの跳び付きランディング(笑)




あの手この手で何とか食わせた1本、サイズは50半ばだけど、超嬉しかった(笑)

クリックすると元のサイズで表示します



場を荒らしてしまったのか、その後は反応が出ないばかりか、根掛りを煽った瞬間に・・・




愛機ツインパワーのハンドルが凄い勢いで逆転し、ラインはもしゃもしゃに(涙)




それを2回もやってしまった(汗)




気を取り直し、少し立ち居地をずらして隣の被り根を狙う。




約50メートル先、その手前に横スリットが1本入っている。




絶対居そうだ♪




ミノーを散々通すがバイトはなく、シンキングペンシルへチェンジ。




すると、一発でスリットの際から突き上げてきた。




ハンドルから手を放さないようにフッキングを入れる(笑)




魚が突っ込むと戻ろうとするハンドル(汗)




まるで古いABUのダイレクトリール(笑)




寄せて来るとテール1本。




あえて突っ込ませるがフックが掛からないので、そのままズリ上げ。




すると、予想通り外れる(汗)




しかし、本日2回目のスライディングキャッチ(笑)

クリックすると元のサイズで表示します



その後は反応なく、SASA氏と合流すると、氏も1本捕っていた♪

クリックすると元のサイズで表示します


いやぁ〜渋かったけど、簡単ではなかったけど、何とかベタ凪の日中ドピーカンで捕ることが出来ました♪



ヒラスズキ・・・




居れば答えが早い魚と言われがちだけど・・・




確かに条件良ければそうだけど・・・




絶対そんなことはない!




ルアーの目先で反転。




そんなことは見えない水中では日常茶飯事なんでしょう。




また少しお勉強できた、あきんどでした♪

クリックすると元のサイズで表示します


いやぁ〜しかし今回の走行距離・・・凄かったな(汗)




さて・・・春ヒラシーズン目前で、ダイレクトリールになってしまったツインパ・・・




どうしよう(汗)






それでは最後に挙句を頂戴して、本日の興行を終了とさせて頂きます。




『房総の〜、端から〜端まで〜、彷徨い〜て〜♪』






THANKS:ヒグマ氏、M氏、SASA氏
SPECIAL THANKS:ドゥンガ氏




■使用タックル

ロッド:リップルフィッシャー Clover 103
リール:SHIMANO TWIN POWER SW4000XG
ライン:ヨツアミ X8 1.2号
リーダー:ナイロン25lb




投稿者:あきんど
1 2 3 | 《前のページ | 次のページ》
/3 
 
AutoPage最新お知らせ