NIGHT * SPIDER - X by 江原堅志

真実と答えの全てはフィールドにある。

磯ヒラスズキ、ウェーディングシーバス、青物、そしてフィッシングトリップ。メディアに惑わされず本物を追い続ける実戦主義ソルトルアーフィッシングチーム=NIGHT*SPIDER。

江原堅志、あきんど、小澤剛 がお届けする純度100%実釣リアルレポート。どうぞお楽しみ下さい!

 
舞台は関東近海。 そしてショアラインからの限界。 そんなドラマを求め••• 目まぐるしく変わり行くフォーシーズンの海洋状況に気象状況。 X-STYLEでモンスターフィッシュに立ち向かう。  ターゲットはいつでも本能のままに。 いざ勝負だ !

最近の投稿記事

最近の投稿画像
8/27 江原釣行記・近況釣…

最近の投稿画像
7/13 江原釣行記・近況-…

最近の投稿画像
5/8 江原釣行記・平成最…

最近の投稿画像
4/17 江原釣行記・荒れ後…

最近の投稿画像
3/19 江原釣行記・ヒラス…

過去ログ

QRコード

RSS

江原登山記:リベンジ・石尊稜

3月18日。先月撤退に終わった横岳西壁・石尊稜にリベンジするために、再び赤岳鉱泉に訪れた。


クリックすると元のサイズで表示します



今回のメンバーはMUとマッキー。朝6時に鉱泉を出発。



クリックすると元のサイズで表示します


横岳のスカイライン。ここを正面から登るのだ。


クリックすると元のサイズで表示します



真ん中に見えるギザギザしたピークが石尊稜の終了点・石尊峰だ。あの頂を目指す



クリックすると元のサイズで表示します





核心となる第一岩峰。MUが取り付く。



クリックすると元のサイズで表示します
自分はビレイ。




クリックすると元のサイズで表示します



MUが見えなくなり、「いいよー」


クリックすると元のサイズで表示します


登攀開始だ。見ていると簡単そうだが、ホールドも少なく、手ごわい。わずか数ミリのフットホールドにアイゼンの前詰めをチョコンとかけ、これまた数ミリの手がかりにバイルをかけ、そこに全体重をかける。




時間のかかる3人体制もあり第一岩峰をクリアするのに30分以上要してしまった。






クリックすると元のサイズで表示します




どうにか1ピッチ目を終え即座に2ピッチ目に取り付く。





2ピッチ目から灌木混じりとなり、ダブルアックスでスピーディーにと行きたいところだが、意外としょっぱい。



クリックすると元のサイズで表示します



3ピッチ目



クリックすると元のサイズで表示します



陽が上がり、昨年のぼった阿弥陀岳の北稜(中央黒いライン)がくっきりと輝く。



クリックすると元のサイズで表示します



3ピッチ終えて一服

クリックすると元のサイズで表示します



さあ時間は少ない。行こう



クリックすると元のサイズで表示します



八ヶ岳の素晴らしい景色。左が赤岳。右が阿弥陀。



クリックすると元のサイズで表示します




4ピッチ目もダブルアックスで。雪稜はまだか〜〜?




クリックすると元のサイズで表示します




ようやくここから雪稜。まだ中盤なんだよね(笑)



クリックすると元のサイズで表示します




ロープいっぱいまでだして




クリックすると元のサイズで表示します




コンテに切り替えた。



クリックすると元のサイズで表示します



しだいに迫る第二岩峰。前を行くMU。サイズが解るかと。これからコイツに登るのだ。



クリックすると元のサイズで表示します



凹角より第二岩峰に取り付き開始



クリックすると元のサイズで表示します




1ピッチ目はピナクルでピッチを着る



クリックすると元のサイズで表示します



2ピッチ目


クリックすると元のサイズで表示します




YUくん


クリックすると元のサイズで表示します



再びコンテに切り替え、このガリーを登れば
山頂にでるはず。


クリックすると元のサイズで表示します



あと少しだぞ〜!


クリックすると元のサイズで表示します




登頂。いや〜〜疲れたね。




クリックすると元のサイズで表示します



マッキーと


クリックすると元のサイズで表示します



MUおつかれ



クリックすると元のサイズで表示します



リベンジは成功したが、以外と難しく印象に残る登山となった。



クリックすると元のサイズで表示します



下山は夜になった。俺たちまだまだだな。






投稿者:江原
1 2 3 | 《前のページ | 次のページ》
/3 
 
AutoPage最新お知らせ