NIGHT * SPIDER - X by 江原堅志

真実と答えの全てはフィールドにある。

磯ヒラスズキ、ウェーディングシーバス、青物、そしてフィッシングトリップ。メディアに惑わされず本物を追い続ける実戦主義ソルトルアーフィッシングチーム=NIGHT*SPIDER。

江原堅志、あきんど、小澤剛 がお届けする純度100%実釣リアルレポート。どうぞお楽しみ下さい!

 
舞台は関東近海。 そしてショアラインからの限界。 そんなドラマを求め••• 目まぐるしく変わり行くフォーシーズンの海洋状況に気象状況。 X-STYLEでモンスターフィッシュに立ち向かう。  ターゲットはいつでも本能のままに。 いざ勝負だ !

最近の投稿記事

最近の投稿画像
8/27 江原釣行記・近況釣…

最近の投稿画像
7/13 江原釣行記・近況-…

最近の投稿画像
5/8 江原釣行記・平成最…

最近の投稿画像
4/17 江原釣行記・荒れ後…

最近の投稿画像
3/19 江原釣行記・ヒラス…

過去ログ

QRコード

RSS

あきんど釣行記:夜霧無用

川鱸…




このワードを釣行記で書くのは何年ぶりだろうか?




今年はまた少しやってみようと、何週か前に磯仲間のかずまーにゃ氏に付き合ってもらい下見釣行をしていた。




広い意味で言うと、それほど地形は変わってなくて安心した(笑)




そしてこの日・・・




台風後の増水が落ちていく段階で、川鱸警戒水位に入ったため・・・




ハンドメイドプラグを数本だけボックスに入れて出撃。

クリックすると元のサイズで表示します




到着すると少し霧がでている。




こんな中に藪こぎして森を抜け、水辺にたつのは躊躇したが決行(笑)

クリックすると元のサイズで表示します




蒸し暑さも手伝い、眼鏡に水滴が半端なく、更に視界が悪くなる(汗)




そんな苦労を経てポイントに到着すると、水位は完璧に予想通り、水色も笹濁りで良い感じ♪




流れの流速差で出来る壁と淀みをM130で探って行く。




膝下だけひんやり冷たくて気持ち良い(笑)




無風で、こんな日は結構苦戦するんだよなぁ・・・




なんて考えてたら、いきなりティップが押さえ込まれる。




一瞬間を置いてフッキング。




瞬間エラ洗い♪




シーバス確定(笑)




掛けたくない魚も居るので、フッキングまでのこの間が大事(笑)




ドラグを使ってやりとりしたのは久しぶり♪




ズバババババッ!!




シャローを背鰭を出して疾走する川鱸。




寄せては走らせ、じっくりと駆け引きを楽しみながら最後は岸にズリ上げ。

クリックすると元のサイズで表示します




増水ゆえズリ上げ易い場所がなく参りました(笑)




長旅ご苦労様です♪




持ち場に戻り、一通りハンドメルアーをローテするが反応なく…





再びM130に戻す。





今度はロッド立てて、水面直下を流していると・・・




また似たようなバイト♪




ワンテンポ置いて・・・




YES!




ズババッ!




これもシーバス確定じゃん!(笑)




今度の魚も流れに乗って走る走る♪




めっちゃ楽しい♪




この魚をランディングして満足し、実釣2時間で現場を後にした。

クリックすると元のサイズで表示します




海から約100キロ上流、丑三つ時、森の中の大河ドラマ♪




潮汐をほぼ体感できない世界。




都市型河川に比べると魚影は極端に薄いが、フィッシングプレッシャーがゼロのフィールドのシーバスは、本能のままにルアーに襲い掛かる。




自分の身を守るためにも、釣果を得るためにも、ポイントごとの徹底的な水位マネジメントがキモでしょうか。




また警戒水位に入ったら出てみよう♪




今回のヒットルアーです。

クリックすると元のサイズで表示します




作りたてのM130にさっそく歯型が刻まれました♪






それでは最後に挙句を頂戴して、本日の興行を終了とさせて頂きます。





『夜〜蜘蛛が〜、襲い〜掛かる〜、森を〜抜け〜♪』





■使用タックル

 ロッド:リップルフィッシャー Flows810
 リール:DAIWA BRANZINO 3000
 ライン:よつあみ WX8 1.2号
 リーダー:ナイロン25LB






投稿者:あきんど
1 2 | 《前のページ | 次のページ》
/2 
 
AutoPage最新お知らせ