NIGHT * SPIDER - X by 江原堅志

真実と答えの全てはフィールドにある。

磯ヒラスズキ、ウェーディングシーバス、青物、そしてフィッシングトリップ。メディアに惑わされず本物を追い続ける実戦主義ソルトルアーフィッシングチーム=NIGHT*SPIDER。

江原堅志、あきんど、小澤剛 がお届けする純度100%実釣リアルレポート。どうぞお楽しみ下さい!

 
舞台は関東近海。 そしてショアラインからの限界。 そんなドラマを求め••• 目まぐるしく変わり行くフォーシーズンの海洋状況に気象状況。 X-STYLEでモンスターフィッシュに立ち向かう。  ターゲットはいつでも本能のままに。 いざ勝負だ !

最近の投稿記事

最近の投稿画像
7/13 江原釣行記・近況-…

最近の投稿画像
5/8 江原釣行記・平成最…

最近の投稿画像
4/17 江原釣行記・荒れ後…

最近の投稿画像
3/19 江原釣行記・ヒラス…

最近の投稿画像
12/11 江原釣行記・ヒラマ…

過去ログ

QRコード

RSS

あきんど磯釣行記:白泡無用

超久し振りの、有給休暇平日釣行♪




しかも偶然にも、海が荒れ始めるタイミングと重なり期待が持てる状況。




しかし残念ながら元締めの江原氏は出張。




悪いけど遠慮せず釣っちゃいますよぉ〜(笑)




そして今回は、岡本氏、ヒグマ氏と言う先輩ヒラ師とのミッション♪




夜中に岡本氏と待ち合わせたコンビニに到着し、2時間程度の仮眠。




起きて予定していた磯に行くと、既に先行者(汗)




皆考えることは一緒ですね(笑)




そして次の磯へ向かい、二手に分かれる。




そこで早々に小ヒラをゲット♪

クリックすると元のサイズで表示します



これで気持ちが楽になる♪




しかし岡本氏に合流してびっくり(汗)…




良型ヒラ含み3本+90超えモンスターマルまで…

クリックすると元のサイズで表示します




これは…




無言の、ドゥンガばりの鬼コーチングなのか(汗)




付近を撃たせてもらう。




ちょっとしたサラシの払い出しを横から攻めて、そのまま岸ギリギリを通すと、払い出しで乗らないバイト。




何か居る…




何回か通すも反応はなく諦めかけた頃、ピックアップ寸前のルアーに、茶色い魚が大きな口を開けて覆い被さってきた(汗)




これ来た!!ヒラメ来た!!




至近距離のヒットで一気にのされるロッド。




ドラグを緩めて一旦距離を置き…




そこから再度浮かせて足場の低い場所まで引きずって行き、最後は波と一緒にズリ上げると、岡本氏がグリップを掛けてくれた♪




磯ヒラメ、74センチ♪♪

クリックすると元のサイズで表示します




岡本氏は隣の磯へ、自分は岡本氏があまり撃ってないと言う先端部へ。




右端足下に出るサラシを撃ってみる。




すると何投目かに、今度は真っ黒い魚が反転するのが見え、ロッドに衝撃が走る。




ヒラスズキなのはすぐに分かったため、慎重にファイト♪




何回かドラグも出され、足場が高くかなりランディングに難儀したけど無事キャッチ♪




よっしゃ!




ヒラスズキ、76センチ♪

クリックすると元のサイズで表示します




その後、仕事が長引いて朝マヅメを逃してしまったヒグマ氏も合流し、付近を散策。




岡本氏と氷を買いに行くと、ヒグマ氏より鳥山ありの入電。




到着すると、空の鳥山なのか?ヒットがなかったらしいので、自分は近くのサラシ場に渡る。




良いサラシ具合だったけど、ここではレギュラーヒラが2回水面を割っただけで乗せられず。




そして3個所目、一級サラシを撃つが反応がない。




再度合流したヒグマ氏と世間話後、自分はまだ撃ったことがない、通称、○か○根へ(笑)




沖の根のまわりにわずかに掛かるサラシを撃っていると…




サラシの全くない中間地点でバイトが出る。




完全に油断してたけど、かなりの重量感。




デカヒラメ?真鯛?マルじゃなさそうだよな…




再三の突っ込みの後、浮かせにかかるといきなり水面でエラ洗い。




デカヒラだ!(汗)




その瞬間フックアウト(涙)




何今の?




追い食いした?




いやいやサラシからヒラスズキが10メートル以上追って、何もないところで食うか?




それともこれがベイトに着いた回遊ヒラなるものなのか?




でも真っ昼間だぞ…




しかも50メートル横には良いサラシ場があるわけだし…




ハテナマークだらけの頭を整理出来ないまま、同じところをひたすら通してみる。




もしも回遊してるならまた回るかもしれない。




5分後…




カンッ!!




ヒラっぽいバイトを乗せられず。




やっぱりサラシのない場所でのバイト。




ここで確信。




やっぱり回遊してる奴が居る。




そこからは扇状に広く探って行くと、右沖で深いバイト。




フッキング入れると強烈に右に走る。




ヤバッ!(汗)




自分と魚のライン上に、頭を出したガチャ根地帯。




越せるか?




限界までロッドを立て、水面に出た瞬間にポンピング。




よし!何とか越した。




しかしこの魚半端なく引くし、何よりなかなかバテない(汗)




ヒグマ氏の激に支えられながらランディング完了♪




かなり引いたヒラスズキでしたが、サイズは75センチ。

クリックすると元のサイズで表示します




そして次は左前方でヒット。




レギュラーヒラだったけど、こいつもサイズ以上にかなり引いた。

クリックすると元のサイズで表示します




この2本の特徴は…




@全くサラシのない場所でのヒット。




A結構引いた。




その後は、ショートバイトが多くなり、深いバイトは全部グッドサイズのマルスズキにかわり。




さらにヒグマ氏はグッドサイズのイサキまで。

クリックすると元のサイズで表示します




結局このポイント、一級サラシからは魚は出ず。




またヒラスズキが分からなくなりました(汗)




マルにも居付きと回遊と言う言葉があるように…




サラシに依存しない、回遊性の強いヒラスズキも居るのか?




それともベイトに狂っていただけなのか?




房総の磯ではおそらく珍しいケース、貴重な体験が出来た釣行となりました♪




そして記念撮影をして終了。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します






それでは最後に挙句を頂戴して、本日の興行を終了とさせて頂きます。




『徘徊〜する〜、磯ヒラスズキに〜、惑わされ〜♪』




巨大なる感謝(笑):

・ヒグマ氏、岡本氏
  
・おどやの魚売場のおばちゃん








投稿者:あきんど
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/5 
 
AutoPage最新お知らせ