NIGHT * SPIDER - X by 江原堅志

真実と答えの全てはフィールドにある。

磯ヒラスズキ、ウェーディングシーバス、青物、そしてフィッシングトリップ。メディアに惑わされず本物を追い続ける実戦主義ソルトルアーフィッシングチーム=NIGHT*SPIDER。

江原堅志、あきんど、小澤剛 がお届けする純度100%実釣リアルレポート。どうぞお楽しみ下さい!

 
舞台は関東近海。 そしてショアラインからの限界。 そんなドラマを求め••• 目まぐるしく変わり行くフォーシーズンの海洋状況に気象状況。 X-STYLEでモンスターフィッシュに立ち向かう。  ターゲットはいつでも本能のままに。 いざ勝負だ !

最近の投稿記事

最近の投稿画像
5/8 江原釣行記・平成最…

最近の投稿画像
4/17 江原釣行記・荒れ後…

最近の投稿画像
3/19 江原釣行記・ヒラス…

最近の投稿画像
12/11 江原釣行記・ヒラマ…

最近の投稿画像
11/28 江原釣行記・マサホ…

過去ログ

QRコード

RSS

あきんど釣行記:御触無用

先週は、連休真ん中の日曜日に出撃するも…



 
鬼スーパー超ホゲ(笑)




ここまで影すらも踏めない展開は久しぶり。




…ってぐらい見事なホゲっぷり(笑)




今週は何とか…




と言う思いを乗せて、日曜日に出ることに。




今回は、数年前まで房総でヒラスズキを狙っていた、E氏と一緒に撃つことに。




朝目覚めると…




雨(笑)




しかも結構な東風。




あわよくば青物が寄ればと、淡い期待をしつつ磯へエントリー。




まずはヒラ狙い。




足元から払い出すサラシを、斜めに探っていくと、開始早々にヒット♪




しかし、波をかわそうと、ベールをフリーにした瞬間にバラシ(涙)




これは連発するか?




…しかし期待は裏切られ、早々に移動。




2箇所目、平磯を端から二人で探っていく。




サラシ具合は最高。




いつ出てもおかしくない状況だが、魚からのコンタクトはない。




結局端まで撃ち尽くし、最後の沖シモリの裏側に溜まるサラシを狙うと…



E氏が1投で仕留める。

クリックすると元のサイズで表示します




とりあえず1本出て、ホッとした(笑)




同じシモリを今度は自分が撃つと…




着水バイトで一瞬お触り(汗)




その後は反応が途絶える。




しかし、めっちゃ渋いなぁー




移動!(笑)




3箇所目。




なんとなく覗いてみた磯に…




予想に反してアングラーが居ない。




この時間に居ないと言うことは、たぶん撃たれてない。




即エントリー♪




2手に別れて撃つ。




自分はシモリの裏にある、スリットに溜まるサラシ狙い。




波の入り方を良く観察してキャスト。




スリットの上流側から、波にラインを引っ張らせて流し込むと…




1投目で深いバイト。




やっとランディング出来た、ヒラスズキ♪♪

クリックすると元のサイズで表示します




そして、この日最後となる4箇所目の磯。




かなり波当たりが強い。




表側には立てそうもないため、少し裏となるサラシを撃つと…




そうそうに、足下水面反転のお触りのみ(涙)




そこをしつこく通していると、今度も水面で反転バイト。




今度はしっかりフッキング。




慎重にと思ったら…




2度目のエラ洗いでフックアウト(涙)(涙)




ここで時間は15時。




E氏の帰宅の時間となったため終了。




自分は、少し離れた場所に居た、石井氏にお願いしていたブツを受け取りに車を走らせ…




石井氏と天作食べて終了。




今回の釣行は、移動する先々で、ヒラスズキを確認するも…




食いが浅く、ミスバイトやバラシが目立った。




サイズも、なかなか大きいのが見えてこない。




でも、2人共キャッチ出来たのは良かったかな♪




Eさん、また是非一緒にやりましょう♪







それでは最後に挙句を頂戴して、本日の興行を終了とさせて頂きます。




『乗なぬなら〜、乗るまで投げよう〜、ヒラスズキ〜♪』






■使用タックル

 ロッド:リップルフィッシャー Clover 103
 リール:SHIMANO TWIN POWER SW4000XG
 ライン:ヨツアミ 2号
 リーダー:ナイロン 30lb





投稿者:あきんど
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ