NIGHT * SPIDER - X by 江原堅志

真実と答えの全てはフィールドにある。

磯ヒラスズキ、ウェーディングシーバス、青物、そしてフィッシングトリップ。メディアに惑わされず本物を追い続ける実戦主義ソルトルアーフィッシングチーム=NIGHT*SPIDER。

江原堅志、あきんど、小澤剛 がお届けする純度100%実釣リアルレポート。どうぞお楽しみ下さい!

 
舞台は関東近海。 そしてショアラインからの限界。 そんなドラマを求め••• 目まぐるしく変わり行くフォーシーズンの海洋状況に気象状況。 X-STYLEでモンスターフィッシュに立ち向かう。  ターゲットはいつでも本能のままに。 いざ勝負だ !

最近の投稿記事

最近の投稿画像
8/27 江原釣行記・近況釣…

最近の投稿画像
7/13 江原釣行記・近況-…

最近の投稿画像
5/8 江原釣行記・平成最…

最近の投稿画像
4/17 江原釣行記・荒れ後…

最近の投稿画像
3/19 江原釣行記・ヒラス…

過去ログ

QRコード

RSS

江原釣行記・今日の1時間勝負

自分は美容師という仕事柄、ほとんど毎日が12時間労働。そして休みは月に5〜6回。





仕事を一生懸命頑張り、時間は自分で作り、そして釣りに山にと遊ぶ。





でもそんな毎日が大好きであり、仕事の後の釣りや、最近復活した登山は自分の人生にとってとても大切なスパイスだ。





そして今日もデイリーゲームが始まる。





23:40湾奥河川。後中潮の下げ90〜ソコリ手前30くらいまで1時間ちょいの実釣。





下げ7分。川の流れは風に押され厚みはたっぷり。




先行者が2名ほどいるため、少し下流から撃つことに。





本流に対し斜めに入る流れ。風押しの効いた早い流れと緩い流れの境目をダウンクロスのデッドスローでさぐる。





程なくしてVOLTZにヒット




クリックすると元のサイズで表示します

レギュラー





その後、暫くの沈黙。





最も良いと思われる立ち位置の先行者はポツポツ掛けている様子。





時間は少ししかない。ひとの魚に気をとられず自分のラインを流すのみ(笑)





一度ダレた流れが再び走りだす。





ゼファーを遠投し、緩いテンションをキープ。





ヒット





クリックすると元のサイズで表示します






で、時間切れ(笑)





今日も平凡な釣果かつランカーサイズは出ず。





先行者はレギュラーを7〜8本釣ったらしい。





こちらは2尾でも今日の自分には充分。





こんな都会のすぐ近くで魚が遊んでくれるって事は本当にありがたい事だ。





感謝



ロッド:プレジールDP83

リール:ステラ4000

ライン:東レ・シーバスPEパワーゲーム20LB、パワーゲームリーダー20LB

ルアー:VOLTZ、WiZ、ゼファー

ブラウンパーカー:SEVEN2



投稿者:江原
この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ