NIGHT * SPIDER - X by 江原堅志

真実と答えの全てはフィールドにある。

磯ヒラスズキ、ウェーディングシーバス、青物、そしてフィッシングトリップ。メディアに惑わされず本物を追い続ける実戦主義ソルトルアーフィッシングチーム=NIGHT*SPIDER。

江原堅志、あきんど、小澤剛 がお届けする純度100%実釣リアルレポート。どうぞお楽しみ下さい!

 
舞台は関東近海。 そしてショアラインからの限界。 そんなドラマを求め••• 目まぐるしく変わり行くフォーシーズンの海洋状況に気象状況。 X-STYLEでモンスターフィッシュに立ち向かう。  ターゲットはいつでも本能のままに。 いざ勝負だ !

最近の投稿記事

最近の投稿画像
8/27 江原釣行記・近況釣…

最近の投稿画像
7/13 江原釣行記・近況-…

最近の投稿画像
5/8 江原釣行記・平成最…

最近の投稿画像
4/17 江原釣行記・荒れ後…

最近の投稿画像
3/19 江原釣行記・ヒラス…

過去ログ

QRコード

RSS

江原登山記・初秋の北鎌尾根を踏破せよ2(核心部〜槍ヶ岳)

4組目のパーティー、山岳会の女性3人組を抜き去り、天狗ノ腰掛を後にしたわれわれ。





クリックすると元のサイズで表示します





まずは手前のP9(ピークナイン)をへて独表を目指す





クリックすると元のサイズで表示します





P9に到着しルートを確認。今回の目標は、ルートを問わず北鎌を踏破すること。当然道しるべはなく、もっとも安全と思われるルートを自分らの力で探すのだ。





クリックすると元のサイズで表示します





目の前に迫る独表。いよいよただよいだす核心部の雰囲気。





クリックすると元のサイズで表示します





さあ、独表トラバース開始だ!





まずはフィックスロープ付き。なんでもない感じに見えるが下が土質でいやらしい。YUくんの怪しげな澄ましガオはさておき(笑)





クリックすると元のサイズで表示します

フィックスがあったため難なくクリアしたが、後続の女性パーティーはここでもかなり苦戦していた様子。





続いてオーバーハングのトラバース。この出っ張った岩の下部切れ込みが通過ルート。





クリックすると元のサイズで表示します





下は奈落へと続いている





クリックすると元のサイズで表示します





慎重にクリア。





YU君も無事通過





クリックすると元のサイズで表示します





そして独表の側面の岩壁をひたすらトラバースしてゆく。





クリックすると元のサイズで表示します






クリックすると元のサイズで表示します





ルートを外すと手に負えない断崖がまっているぞ。





クリックすると元のサイズで表示します

一度このとんがりの裏に回ってしまいビビった(笑)





独表をクリアするとようやく槍があらわれた。目指すゴールはあそこだ。





クリックすると元のサイズで表示します





P11、P12、P13、P14と小ピークを慎重に、そして着々と越えてゆく。






クリックすると元のサイズで表示します






直登かトラバースか。次から次へと現れる難所。一杯いっぱいになりそうになりつつも、落ち着いてクリア。





クリックすると元のサイズで表示します





選んだルートがマズイと、とてつもなく難しいグレードの場合もあり、ダメなら戻ったり、確認したりを繰り返し、そして前へと進んで行くのだ。





北鎌尾根は身体も使うが頭もかなり使うルートと実感。ミスったらあの世行きになるような難所の連続は、精神的にもかなりくるのだ。





ここまで来たら行っても地獄。戻っても地獄。





初めてのルートは行ってみないと解らないことだらけ。もし、次にクリア不可能な難所が来たら・・・そんな気持ちがずっと続く。





頭を休める意味でも、たまにトップを交代し二人で通過方法を考える





ここは自分が一番手こずったところ。





クリックすると元のサイズで表示します

まともなホールドが取れずヒヤリ(笑)





なんとか間に合いそうなペースだ。あの大槍の手前までとりあえず行こう。






クリックすると元のサイズで表示します





いくつものいやらしガレ場を通過し





クリックすると元のサイズで表示します






少しずつだが近ずく大槍。





クリックすると元のサイズで表示します





P15をクリアすると、ようやく最後の休憩地点の北鎌平に到着。





クリックすると元のサイズで表示します

ここまではルートミスもあり13時間かかった。

北鎌尾根に取り付いてからの休憩は、2〜3時間に一度の5分程度の水飲み休憩と、P14でとった20分の小休止が1度きり。

タイムロスを挽回するためにほとんど休憩なしに近いペースで来たのだ。





しかしまだ疲れたなんて言ってはいられない。小休止をとったらすぐに出発。





これから最後の難関・大槍の壁が来るからだ。





大槍は目前。ざっと見て高低差は150メートルくらいか。





クリックすると元のサイズで表示します

16:00を過ぎ、ガスってきた。日暮れも近いぞ。





リッジをそのまま直進し、自分が先頭で大槍の壁に取り付く。





ラストの登攀開始だ。





クリックすると元のサイズで表示します





3点確保でぐんぐんと登り





そしてチムニー(人間が入れるくらいの縦溝)に入る。





クリックすると元のサイズで表示します





時間も少ない。ロープ無しでスピーディーに行こう。





傾斜角はほぼ垂直だが、落ち着いてホールドを探す。





よし!クリア。





クリックすると元のサイズで表示します





YUくん、上がって来ていいよ〜





うぃっす!





YUくん登攀開始





クリックすると元のサイズで表示します





ちょっと手こずっていたがクリア。





つづいて凹角の岩に取り付く。





クリックすると元のサイズで表示します




一瞬ホールドが見つからずすこし焦ったが、無事クリア。





ちゃんと探せば抜け道があるもんだ。人生に似てるね。





さぁYUくん、カモーン





クリックすると元のサイズで表示します




またまた手こずり中(笑)



でもバッチリクリア!





さぁ、山頂は目の前だ。先に上がってくれ!





YUくんに先を譲る。


上からは一般登山道より来た登山者が「あんな所から上がってくる人がいる!」と声が聞こえる(笑)





クリックすると元のサイズで表示します





歓声と拍手が聞こえた。


YUくんが登頂したのだ。





よし!おれも行くぜ。バッチリ写真たのむぜ。





クリックすると元のサイズで表示します





この瞬間がたまらないんだ。





数々の難関を抜けついに大槍の穂先に登る。





クリックすると元のサイズで表示します





あと3メートル





2メートル





1メートル





よしっ登頂だ!





クリックすると元のサイズで表示します

自分も一般登山者たちに拍手で迎えられた。





ついに北鎌尾根を自分らだけで踏破したんだ。





この山行は一生忘れないだろう。ありがとうYUくん、ありがとうみんな。




クリックすると元のサイズで表示します





ミッションクリアだ






踏破後は槍ヶ岳山荘でワインを飲み、二人で祝杯をあげた。








翌日に槍ヶ岳山荘より一般ルートで下山開始。天候は雪となった。





クリックすると元のサイズで表示します

ビバークしていたらヤバかったね。





昼過ぎに無事下山終了。






雨上がりの上高地へと着いた。





クリックすると元のサイズで表示します





今回も沢山の感動をくれた北アルプス





クリックすると元のサイズで表示します





美しくそして厳しい山。仲間。





クリックすると元のサイズで表示します





本当にありがとう





クリックすると元のサイズで表示します





ありがとう





THANKS:YUくん、S氏(共にJR山岳会)





FIN









投稿者:江原
9 10 11 12 13 | 《前のページ | 次のページ》
/38 
 
AutoPage最新お知らせ