NIGHT * SPIDER - X by 江原堅志

真実と答えの全てはフィールドにある。

磯ヒラスズキ、ウェーディングシーバス、青物、そしてフィッシングトリップ。メディアに惑わされず本物を追い続ける実戦主義ソルトルアーフィッシングチーム=NIGHT*SPIDER。

江原堅志、あきんど、小澤剛 がお届けする純度100%実釣リアルレポート。どうぞお楽しみ下さい!

 
舞台は関東近海。 そしてショアラインからの限界。 そんなドラマを求め••• 目まぐるしく変わり行くフォーシーズンの海洋状況に気象状況。 X-STYLEでモンスターフィッシュに立ち向かう。  ターゲットはいつでも本能のままに。 いざ勝負だ !

最近の投稿記事

最近の投稿画像
8/27 江原釣行記・近況釣…

最近の投稿画像
7/13 江原釣行記・近況-…

最近の投稿画像
5/8 江原釣行記・平成最…

最近の投稿画像
4/17 江原釣行記・荒れ後…

最近の投稿画像
3/19 江原釣行記・ヒラス…

過去ログ

QRコード

RSS

江原登山記・一般ルート最難関!ジャンダルムの頂きへ

※当ブログはソルトウォーターの釣りブログです。山ネタ続いて申し訳ありません!m(__)m

ご興味ある方のみご覧下さい。









まだ雪の残る奥穂高岳山頂直下。標高3000メートルの穂高岳山荘にいる。





クリックすると元のサイズで表示します





今回のミッションは穂高岳に登ることではない。北アルプスに来る一般登山者のほとんどが敬遠するあの頂きを目指すのだ。





そう。ジャンダルム3163mだ。





ジャンダルムとは衛兵の意味。奥穂高岳の前衛峰として異様な存在感を出す黒い岩峰。そこまでの行程の難易度は一般縦走路の中では北アルプス1とも日本屈指とも言われている。





このルートは西穂高岳まで続いており、通常2泊を要するのだが、今回はトレーニングの意味もかね、1泊での踏破を目指した。





●ジャンダルムに直登せよ









03:30。まだ真っ暗な穂高岳山荘。






ブォ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜






コーヒーを沸かすバーナーの音が暗い炊事室に響く。






ヘッドライトを着けたまま冷めたい朴の葉寿司を無理やり口に突っ込み、グビッと沸かしたての熱いコーヒーで流し込む。






山小屋に泊まる登山客はまだほとんどが寝ている様子だが、空はだんだんと明るくなってきた。






早朝04:30。さあ出発の時間だ。





クリックすると元のサイズで表示します







今回もメンバーはお馴染みJR山岳会のYUくんと自分の2名。グローブをはめ冷たいハシゴを淡々と上がって行く。





クリックすると元のサイズで表示します






今日の東京は32℃越をえるらしいが、ここ北アルプスの主稜線ではまだ気温は一桁台前半。長袖の上にはフリースジャケット。

口からは白い息が立つ。







とりあえずはジャンダルムの分岐点となる奥穂高岳山頂を目指している。







横から上がるまぶしい太陽






クリックすると元のサイズで表示します






ほんのり暖かい。





クリックすると元のサイズで表示します






奥穂高への登高中、右を振り向くと、存在感のある黒いアイツが現れた。






ジャンダルムだ!





クリックすると元のサイズで表示します






実際にアタックをかけるとなると一段と迫力を増して感じる。



かかってこいと言わんばかりの威圧感。





大概の一般登山者はジャンダルム(通称ジャン)登頂を目標にしてしまった時点で、北アルプスの最高峰=奥穂高岳ですらかすんで見えてしまうものなのだ。






ほどなくして奥穂高岳(3190m)に登頂





クリックすると元のサイズで表示します





すでに何度となく踏んでいるこの頂き。周りの素晴らしい景色を見ながらリラックスし、これから行くルートへの緊張を和らげる。





クリックすると元のサイズで表示します





一息ついたら穂高主稜線からジャンダルム方面へと進行方向を変え出発だ。






周りの登山者たちが、奴らはジャンに向かうらしいという顔でこちらを見ている。このちょっとした優越感は、はっきり言って快感でもある。






さあ、ジャンを目指すぞ。行く先はあっちだ!





先行に赤く見えるのはソロでジャン越えを目指すモンベルのOKZさん





クリックすると元のサイズで表示します






ナイフリッジのスタートだ。YUくん、テンション上げてゆこうゼ!





クリックすると元のサイズで表示します

うっす!






緊張を上回るワクワク感。だが油断は禁物(笑)






スタートから暫くしてウマノセで立ち往生するOKZさんに追いつく。





クリックすると元のサイズで表示します






江:大丈夫ですか?





OKZ:予想以上の高度感と険しさにちょっとてこずってます。





江:ではトップを交代しましょう





最後尾に馬力ナンバーワンのYUくん、真ん中にOKZさんをはさむ3人パーティーの形をとり自分が先頭を行かせてもらう。

トップの任務はルートファインディング(適切なルートを見つけること)だ。





クライムダウン開始!やっぱりトップはいいね(感謝)





クリックすると元のサイズで表示します





写真では判りづらいのだが、両脇は常に切れ落ちた500メートルの断崖だ。ホールドは沢山ある為、クライミング的な難易度はさほどではないのだが、高度感はかなりある。





言うなればスカイツリーの屋上にグレードの低いクライミングウォールが沢山あるような感じの場所を登ったり下ったりするのだ(笑)

当然落ちたら一巻の終わりだ。





クリックすると元のサイズで表示します





ウマノセを先に通過し、後続にホールドの位置を伝え見守る。





クリックすると元のサイズで表示します

ウマノセって書いてあるね





ちなみに今回のルートはロープを使用しない一般登山ルートの限界レベルだ。ロープを使うアルパインルートはみなここ以上に険しいルートなのだが、反面ロープがある安心感もある。


丸腰のロープなしって、やっぱスリリングなんだよね。






徐々に迫り来るジャンダルム。左隣の三角のピークはロバノミミ。





クリックすると元のサイズで表示します





ロバノミミへの鞍部を目指しグングン下る。この世のものとは思えない断崖を(笑)






クリックすると元のサイズで表示します

たまんね〜〜!






そして鞍部に到着。次はロバノミミを一気にトラバースするぞ。





クリックすると元のサイズで表示します






難所の連続にテンションアップ。しかしこう言ったオチャラケは禁物だね(笑)





クリックすると元のサイズで表示します





ちなみにこのルートはクサリがあればまだイイ方だ。ペンキマークも少ない。





クリックすると元のサイズで表示します





まぁなんとかなるでしょ!アップダウンを繰り返すよ。





クリックすると元のサイズで表示します





そして気がつけばジャンダルムは目の前に。真ん中に小さく見える白っぽい岩が直登ルートへの目印だ。





クリックすると元のサイズで表示します






ジャンダルムへのアタック前に軽く休憩を入れ、直登ルートをよく確認する。角度はキツイがホールドは沢山ある。






さあ!ジャンダルムにアタック開始だ!






ジャンダルム直登ルートは完全にクライミング。まずは左から回り込み白い岩を目指して三点確保。






白い岩の上部に来たらそのまま垂直の壁を詰める。





バッテンマークは気にするな。俺らの行くのはジャンダルム直登ルートだ〜〜〜〜〜!





クリックすると元のサイズで表示します





真上に、天に向かってクライムオン!





そこをクリアするとお次はオーバーハング(垂直以上の壁)が現れた。





大丈夫。ホールドは沢山あるんだ。落ち着け。





よく見ろ。一手、二手、三手先までくっきり見えている。





中央に残置ボルトもある。腕二本でホールドをガッチリ掴み、背中がのけ反るオーバーハングの壁に足のフリクションを効かせる。

そして残置ボルトに右足をかける。





どりゃ〜〜〜〜〜〜!






オーバーハングをクリア。





そのまま岩を這い上がるように上がると山頂直下の残置スリングが見えた!






そして目の前に飛び込んで来たあの有名な小さなカザミドリ(エンジェル)。





クリックすると元のサイズで表示します





うおぉ〜〜〜〜〜〜〜〜!





一人歓喜の雄たけびをあげるオレ。後続のOKZさん、YUくんは来ているか・・・





一人






二人






二人とも来た!!






うおぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!





そして一緒にジャンダルムの山頂に立つ。






クリックすると元のサイズで表示します

YUくん今回もありがとう




ここがあのずっと見ていたジャンダルムのテッペンだ。





クリックすると元のサイズで表示します

OKZさん、本当に感動したよ。






みなでまわりの美しい景色をながめた。






なんなんだ。この充実感は。






クリックすると元のサイズで表示します





大袈裟かもしれないが、登山は本当に色々なことを教えてくれる。人生に通じるピュアでシンプルな遊び。生きて行くって何が必要でなにが大切なのか・・






そして3人で固く握手をした。






ついに上がったジャンダルムの頂。ずっと山頂に居たい気持ちだったがまだこの先もある。山頂滞在時間約15分でジャンダルムをあとにした。






その後は天狗の逆層スラブを経由し





クリックすると元のサイズで表示します





西穂高岳方面の下山ルートへ。





クリックすると元のサイズで表示します





そして今回もミッションは無事終了した。





クリックすると元のサイズで表示します





今回も沢山の感動をくれた北アルプス。





クリックすると元のサイズで表示します




美しく雄大で





クリックすると元のサイズで表示します




険しくて厳しい穂高の山々





クリックすると元のサイズで表示します





けしてブログでは伝えきれないスケールに沢山の出来事と思い出





クリックすると元のサイズで表示します





仲間よ自然よ本当にありがとう





クリックすると元のサイズで表示します






ありがとう!






THANKS:YUくん(JR山岳会)、OKZ氏(mont-bell)、事務局S氏(JR山岳会)


クリックすると元のサイズで表示します





FIN











投稿者:江原
11 12 13 14 15 | 《前のページ | 次のページ》
/38 
 
AutoPage最新お知らせ