NIGHT * SPIDER - X by 江原堅志

真実と答えの全てはフィールドにある。

磯ヒラスズキ、ウェーディングシーバス、青物、そしてフィッシングトリップ。メディアに惑わされず本物を追い続ける実戦主義ソルトルアーフィッシングチーム=NIGHT*SPIDER。

江原堅志、あきんど、小澤剛 がお届けする純度100%実釣リアルレポート。どうぞお楽しみ下さい!

 
舞台は関東近海。 そしてショアラインからの限界。 そんなドラマを求め••• 目まぐるしく変わり行くフォーシーズンの海洋状況に気象状況。 X-STYLEでモンスターフィッシュに立ち向かう。  ターゲットはいつでも本能のままに。 いざ勝負だ !

最近の投稿記事

最近の投稿画像
8/27 江原釣行記・近況釣…

最近の投稿画像
7/13 江原釣行記・近況-…

最近の投稿画像
5/8 江原釣行記・平成最…

最近の投稿画像
4/17 江原釣行記・荒れ後…

最近の投稿画像
3/19 江原釣行記・ヒラス…

過去ログ

QRコード

RSS

江原登山記・夏のジャンダルム再び(天狗沢)

山ネタです(笑)





8月マッターホルンを目前に、今まで履きならしてきた登山靴が壊れ、新型に交換になってしまった。

登山をしない方ならラッキーみたく思うかもしれないが、自分にとってそれはメチャクチャ深刻な問題なのだ。





そんなこともあり登山靴の調整、アイゼンのセッティングを見るために昨年も登ったジャンダルムを再び目指す。


今回は天狗沢という最短ルートから。





ジャンダルムは一般登山としては日本屈指のハードな岩尾根にくわえ、今回のルートとなる天狗沢には雪壁に近い斜度の雪渓が残っている。


つまりスイス渡航目前となり時間が少ない今となっても、マッターホルンの調整に適したルートなのだ。

その3163メートルの頂へ・・・






●ジャンダルムへ最短ルートより登頂せよ






昼過ぎの上高地より岳沢に入り





クリックすると元のサイズで表示します





午後14時。ゆっくり目に岳沢小屋にチェックイン。





クリックすると元のサイズで表示します





岳沢小屋より眺める夕方の山々。明日のジャンダルムに気持ちが高まる。





クリックすると元のサイズで表示します

と言ってもこのあとしこたま酒を飲んだのだが(笑)






そして翌朝。






04:30に目を覚まし、準備を開始。





朝食をすませ、06:00。いよいよ出発だ。





クリックすると元のサイズで表示します
今回のメンバーはYUくん、ムー、自分の3名。





われわれの行く先は小屋に泊まる全ての登山者とは逆方向。あっちが天狗沢だ。







夏の天狗沢は途中まではお花畑の散策ルートだが、その先はガレ場の半バリエーションルートとなる。ましてや雪の付いた今時期は一般登山者はほとんど通らない。

ちなみに数週間前にも2人落ちている(骨折したが無事救助された)





お花畑とガレ場の連続を登ること1時間。





このあたりで高度はおよそ2500位。ガレがひどくなってきたな。





クリックすると元のサイズで表示します





ほどなくして第四お花畑を通過。いよいよ天狗沢の雪渓が見えてきたぞ。





クリックすると元のサイズで表示します





それにしてもガレ場は日差しが当たり熱い。早く涼しい雪渓にゆきたいな(笑)





クリックすると元のサイズで表示します





右側畳岩尾根からの落石跡。綺麗に割れてるけど、こんなのに当たったらイチコロだ。写真ではわかりづらいがサイズは2〜3メートル、いやもっとデカイかも(笑)





クリックすると元のサイズで表示します





明神方面を望む。まだ梅雨明け宣言されていない北アルプスだが、今日は本当に天気に恵まれた。





クリックすると元のサイズで表示します





雪渓を目前に、いよいよアイゼンを装着





クリックすると元のサイズで表示します





ここで誰かがキジ撃ちしたのは内緒だが(笑)





雪渓のサイズはおよそ100mほど。写真では平坦に見えるが斜度は50〜60度といった感じ。むしろ雪壁だ。





クリックすると元のサイズで表示します





夏山でアイゼンにピッケル。ちょっとアルパインな気分だね(笑)





クリックすると元のサイズで表示します





スリップして落ちたらはるか下までだ。慎重に雪に張り付きつつ、ガシガシ行くよ〜!





クリックすると元のサイズで表示します





アイゼンの具合もなんとか大丈夫みたいだ。

あっというま天狗のコルに到着





クリックすると元のサイズで表示します

ここまで2時間で来てしまった(笑)


ここからアイゼンを外し、主稜線をコブ尾根の頭目指し、300メートルほど岩稜を上がる。





先ほどの天狗方面を振り返る





クリックすると元のサイズで表示します





本日のメインイベントとなる雪渓はすでに登りを終えたが、まだここは日本屈指の難ルート。油断は禁物だ。





こんなところや





クリックすると元のサイズで表示します





こんなところを通ってゆく。





クリックすると元のサイズで表示します





そしてコブ尾根の頭を越えると





クリックすると元のサイズで表示します





目の前に現れたジャンダルム!





クリックすると元のサイズで表示します

うお〜〜〜〜〜!雲もヤバイね!!






ジャンダルム左よりノーマルルートに取り付く。





そしてジャンダルムは初登山となるムーに先頭を譲り、






登頂だ!





クリックすると元のサイズで表示します

3163m。ここが登山者あこがれのジャンダルムの頂。岳沢から3時間とあっさり来たけどね(笑)






気持ちの良い山頂に、めずらしく30分も滞在。





下りはもときたルートをピストン。雪渓の下りも靴の調整したいし。





下山途中、西穂で県警ヘリがホバリング。マイクでなにやら呼び掛けてる。遭難かな。お互い気を付けたいね。





クリックすると元のサイズで表示します





そして無事下山。





速攻だったけどなにげにボリューム充分なルートだった。





クリックすると元のサイズで表示します





今回も感動をくれた素晴らしい北アルプスと





クリックすると元のサイズで表示します




素晴らしい仲間に感謝!





クリックすると元のサイズで表示します





本当にありがとう!





クリックすると元のサイズで表示します





THANKS:YUくん、ムー





FIN






投稿者:江原
3 4 5 6 7 | 《前のページ | 次のページ》
/38 
 
AutoPage最新お知らせ