キリ番 Next:30000
お昼だけど眠いのー!  


こーんちゃー!!!

ちゃおっスぅぅぅぅぅ!!!!


キノです…。





5000HITあーざーまーーーーーーーす!!!!

クリックすると元のサイズで表示します



ユニちゃんだけどー




ごめん髪の色素で間違えた((



並中制服(ブレザーver)でございます。

私にユニちゃんみたいな可愛い幼女女の子は描けません。

そんなの最初から知ってたことでしょうがぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!


うあああああごめんよユニちゃぁぁん!!!

貴女を可愛く描けなかった私を許しておくれぇぇぇぇぇ




そして天野先生ってホントだよね




崇拝していい?ダメ?


てか今日買い出しに行ったら

怪物づかいツナのガチャガチャがあって

あっ!って思ったけどその時眠くて頭痛くてイライラしてたからスルーしてきちゃった←

今思えばじっくり観察すればよかったな、と…(大人げないよ

てか後で私ちょっとお散歩に行ってきます。

そのついでにおばあちゃん家によって

キャベツとホウレン草を頂きに参ります(どこの怪盗だよ

自転車のかごに入ると思う?私思わない。←

でも入れるよ。無理矢理?ええ、得意です!(いい笑顔


あとめっちゃ悲しいことがあって、

月曜日私の学校創立記念日で休みなんですよ。

だからみんなでカラオケ行こうって話になって、

私も行く!って行ったんですけど…



なーにゃ、ぽん、りえちゃん、ごめんなさい。



行けなくなりました。







めっちゃ行きたかったんです!

初めてだったの!!!今の学校の友達と遊ぶの!!!

ママンにそれを昨日言ったら、

「キノちゃんには他にやるべきことがあるやろ?それやってからじゃないと駄目。アカン。月曜日絶対行ったらアカン。解った?」

って外出禁止令が出されました。

何なんあの女…マジイラつくんやけど…………!!!

そんなん気にせんと遊びに行けばいいじゃんとか思われるでしょう。

てか出来れば私もそうしたいよ!!!あんな女の言うこと利かずにそうしたいよ!!!

でもあの女が私の財布の紐を握ってんだよおおおおおお!!!!

お金はあの女が全て管理しているので私は勝手に使えないんです。

これおかしくない?ねえ、これおかしくない???

だって私今18歳だよ?高校卒業してんだよ?

なのに何で母親が財布握ってんの?

そりゃ今は時間ないし確かにやらなきゃいけない事多いからバイト出来ないけど、

したいけどできないけど、

でも財布握ってるっておかしくないですか?

私に自由を下さい。この大空に翼を広げ飛んでいきたいですよ←


もう嫌なんですよ友達の誘いを断るの!

すごい心痛むんですから!!!今まで何回この事情で断ってきたことか…!!!

友達にも、今回は行けるからって楽しみにしてたのに、

何歌おうかなんて喋ってたのに、

友達の方も遊ぶ気満々だっただろうに、

また私断って、

楽しみだった友達を裏切って、

これじゃあ私最低な奴じゃないですか!!!!

お母さんだって最初は「いいよ」って言ってくれたんですよ?

でも昨日の夜、いきなり「駄目だ」何て言って、

外出禁止令出して、

勉強してろだのなんだのって、

お前今まで誘い断ってきた私の気持ち解ってんのかよ!!!!

これでまた遊べなくなって、

もしまたそんなお話してた時に、

私も行く!なんて言ったら「ホントかよ」って思われるよ?

もうこの時点で、私の信頼減ってるよね!?

あんだけ行くっつってたのに、直前になって無理とか言われて、

友達みんないい気になるわけないじゃん!!!

もう意味わかんない!

そもそも「私のやるべきこと」っての、あんたらが私抜きで勝手に話進めて

あんたらの都合で私に押し付けたものでしょ!!?

私は私のペースで行きたいんです。

そうじゃなくても、私に関係していることを私抜きで勝手に決めるっておかしいでしょ!?

それ親のすること??!そんなの親じゃない!

少しでも娘の意見聞いたらどうだよ!お前らみんな嫌いだ!!!!

もう親だなんて思いたくない。もう知らない。

生きて行く上で必要だからとか、あとあと便利だからとか、

そんなの解ってるけど、全部あんたらに決められたくない。

私の事は私が決める。勝手に口出しすんな。







いきなりごめんなさい。

落ち着きます。




なーにゃ、ぽん、梨絵ちゃん、本当に申し訳ありませんでした。

すごく楽しみにしてたんです。

自分勝手でごめんなさい。

ホントごめんなさい。

0
タグ: オタク 日常



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ