キリ番 Next:30000
おはも  


っしゅ!

おはよう^^

今日も雨だぁー…

梅雨だね梅雨。ウゼェ

ジメジメしてるのやだねぇ〜><

朝からイライラしてますよ。

妹の顔見ただけでイライラした。これは妹には秘密。

ちなみに黒雀の方。イラッとしたからお尻叩いて起こしてあげた☆

これも秘密☆



昨日は感情解放の授業でした。

2人1組になって腕を組んで、その中から鬼を選んでその鬼とペアだった子が逃げるんですね。
そんでそのペアだった子は他のグループの子と腕を組むんです。
そしたらそのグループは3人になるわけじゃないですか?
でも2人1組にならなきゃいけないから、その逃げてきた子と反対側の子が今度は逃げるんです。
解りにくいとは思いますが、そんな感じの鬼ごっこみたいな事をしたんです。

私のクラスには変態が多いみたいです。

クラスに愛称「つるぎ氏」と呼ばれている私と同じ年(ちょっとおかしい)の男の子がいるんですけど、

その子掴みどころがなくていきなりスイッチ入っちゃったりするんですよね。

多分変質者気質があると思うの。←

んで、その子が鬼になった時

めっちゃすげぇステップ踏んで追っかけまわしてたのね。

なんかいろんなグループを盾にして逃げ回れるんだけど、

そのグル−プをはさんでカバディしてた(笑

めっちゃ笑えた。

でもつるぎ氏顔が真剣(真顔)で、

怖かった。

そんでそのステップを「つるステップ」と名付け、

いつの間にかつるぎ氏がつるステップという名前になっていて、

まあ私と腕も組みました。てか気付いたら組んでた←

で、ついにこの時が来た。


つるぎ氏が鬼で、私が逃げる人。


マジ怖い



相手女の子なのに本気だすか!!?

いや怖いから!!!

しかも2回も!!!!!2回も追いかけっこだよ!!!


デスマッチだよ!!!!!



もうホント怖いから!!!!

だって真顔でカバディだよ!?

それで本気で追っかけてくるんだよ!!!?

私終始

「やだやだやだやだやだやだやだ怖い怖い!!もうホントヤダ!つるステップ怖い!!いやあ゛ぁぁぁぁぁぁ!!!!」


って叫んでた。正直泣きそうだった。

しげるパパもそれ見て

「本物の悲鳴あげてる!!あれ本物の変態にであった時の反応だよ!!!」

って言ってた。

でもみんな酷いと思う!!!!

そんな私を笑ってみてるんだもの!!!!!


笑い事じゃなーいっ!!!


極限にプンスカだぞ!(黙


何か私を追いかける人変態が多かった!

つるステップの他にはゆうたくんとかいたんだけど、

私女でしょ?ゆうたくん男でしょ?

ゆうたくん、今まで男の子ばっかり追いかけ回させられてたんですよね。

で、そこに初めて女の私を追いかけている時、

めっちゃ笑顔で


「やっとこれ楽しくなってきた!!!」



てめぇ…!!!


男を追いかけまわしてもつまらないそうです。そーですか!←


だから私は次に金髪オトメン野郎…あっ、

すばるクンにバトンタッチいたしました^^

そしたらゆうたくんも男追いかけるのつまんねーって言いながら走ってましたざまーみろ。

私に恥をかかせる奴にはお仕置きしてやるんだからな。

つるステップ、



お前絶対許さない




あの時の恐怖と羞恥心は

いつか倍にして返してやるからな。

覚悟しとけよ!!!!お前なんか大っきらいだ!!!!

男なんか嫌い!!!バーカバーカ!!!!

お前のかーちゃんでーベーそー!!!!(黙




あ、あとつるステップに追いかけ回された後に

倒れこんだ私を

ひかりちゃんが

「おーよしよし怖かったねー、頑張った頑張った」

って抱き締めてくれました。




ええい触るな雌豚





忘れているようだから言っておいてやるよ




お前私より3つ年下



年下に「おーよしよし」だなんて抱き締めて慰めてもらって喜べるかバカ野郎。

しかも誰も慰めてなんて言ってない。触るな!

靴下穴あいてんだよお前!!!みすぼらしいぞ!!!



ってな感じで昨日の授業は楽しんでました。

あとは何もないところでペットボトルをイメージしてそれを飲んだり

パントマイムまがいなこともやったりしてました。

うーん、難しい^^



雨雨雨雨気分最悪ですね。

傘さしても濡れるんだもん。やだ!

でもまあ今日も学校はあるわけで。

友達とだべって鬱な気分を晴らしたいと思います!

それでは今日も1日頑張りましょう!!

0
タグ: オタク 日常



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ