2005/3/25

なんでもあるよ マルサン商店の巻  プラモデル

★マルサン商店の話が続いてしまうけどマルサンのありがたかったところは幅広く商品を展開してくれた事。テレビや映画で活躍のあのメカやヒーロー達を手に取りたい。という子供達の素直な欲求をマルサンはたくさん現実のものにしてくれました。テレビや映画で欲望の熱風にあおられた子供達の身体はそれはもうカラカラに干涸び状態。そこに関連商品と言う名の灼熱油をかけられては そりゃ沸騰いや自然発火しますわ。ビデオもない当時の子供達(私たち)にとってはさっきみてきた映画やテレビのワンシーンをプラモデルや関連おもちゃでもって自ら再現してまた楽しんだのです。ところで画像はマルサン商店改めマルザンと社名が変更になったころのSFキャラものプラモデル。名前の変更にはどうやら大人の事情があったのであります。(まあいい)

クリックすると元のサイズで表示します


★和物だけでなく海外映画の単発モノなどよくぞモデル化してくれましたと言ったアイテムも多い。これなんかは当時マルサンぐらいしかキット発売したところはないだろうと思います。ところで海外の雄オーロラはこの時期どうしていたのだろうか?

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ