2005/10/9

Macintosh 出現の前の夜...LISA  コンピューター

クリックすると元のサイズで表示します
1990年頃 猫が洞のアルバムから。



デロリアン購入資金のため人手に渡した初代LISA。そのレア度は本国でもUFOを見つけるよりも困難!ともいわれる。(画像 中央)現在eBayでも目玉が飛び出るぐらいの金額がつく。写真はProfileという5Mbの大容量HDまでついた貴重品。前オーナーが譲渡直前に起動テストで壊してしまいとうとうGUI画面を見る事はなかった。内部の基盤を開けると内蔵電池の液が漏れだして傷む寸前であったからどちらにしても臨終もまじかだったろう。当時なんとかレストアしようと東京は赤坂のアップルジャパン等に手紙を送ったが現存する5inchの特殊ディスクに記録されたoffice-systemは不完全でとうとう復活させられなかった。このLISAはセット価格1万ドルという販売価格のためか商業的にも失敗してしまいジョブズにも冷遇されたためApple社では鬼子扱いだった。その後マイナーチェンジと価格の引き下げ等を行いながらとうとうカタログ落ちしてしまった。

が...捨てる神あれば拾う神ありで民間のサンリマーケティングカンパニーがAppleからその在庫パーツをごっそり引きとりMacとの互換ソフトウェアも開発して今でも販売されている。20数年前のマシンが現役で使えるというのは脅威だ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ