2005/3/26

このプラモデルは外国(オーロラ)製なんだぜ!海を見ろ!の巻  プラモデル

★さてさて 空から我々の住む地上に視点を移してみましょう。海を見ろ!の題名からお分かりかと思いますが”海を見る”からSEAVIEW号、海底科学作戦のネタです。...(^^;)この番組も昔はよくテレビで映画を放送していました。最近はDVDが発売されていつでも手に入りますがいい時代になりました。ストーリーはだいたいシービュー号艦内に置きっぱなしにしておいた怪しげな荷物がごぞごそ動き出して事件に...みたいな感じだったと思います。さてオーロラのシービューですがスマートな艦体をパーツも少なく特徴もよく捉えた好キットだと思います。画像はどこかのアメリカ人が何十年も前に組み上げたシービュー号の残骸!?
クリックすると元のサイズで表示します

なにより深海をゆくシービュー号の箱絵が素敵です。箱が長いのでカメラのフレームに入れるのに苦労しました。
クリックすると元のサイズで表示します

海底科学作戦(テレビシリーズ)のなかではやはり話にふくらみを持たせたかったのかシービュー号から発進して外でも活躍できるようにフライングサブなる水空両用のスーパーメカが用意されるようになりました。目の覚めるような黄色が水中や大空に栄えて印象深いサブメカニックでした。
クリックすると元のサイズで表示します
下の画像は70年代に生産された箱、個人的には70年代に再版されたフライングサブの箱が好きです。
クリックすると元のサイズで表示します

フライングサブを実際に組み上げたもの...
クリックすると元のサイズで表示します
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ