2005/6/30

100式司令部偵察機 里帰りの巻  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★マルサン商店の100式司令部偵察機(1/50縮尺)です。海外で数十年の時間を過ごしたのでしょうか?まえのセーバードッグのとき見たいに海外で見かけたものですから不憫に思い日本に里帰りさせました。箱はつぶれ気味ですがそれなりの味のある箱絵に満足です。透明の地球儀スタイルのスタンドがついているのも時代を感じます。特有のキャラメル箱から引っ張りだすとごしゃごしゃしたパーツが一塊で出て参りました。猫が洞がこのキット初めて見たときには既にマルサンはなくてかわりに FUJI という会社から再販されていました。直感でピンと来まして買う事決めましたが次ぎに行った時は影も形もありませんでした。ちょうど1970年代の終わりで絶版キットのハンターが出没し始めたころです。
クリックすると元のサイズで表示します
▲箱の横を見ると ノーチラス号やB-47が紹介されてまさに日本プラモの創成時代にこの100式司令部偵察機のモデルはそこにあった事を示しています。100式司偵のART No,は70072 でした。

▼コメントの参考画像
クリックすると元のサイズで表示します


有名なキャッチコピー”プラモデルとよべるのはマルサンだけ”▼
クリックすると元のサイズで表示します


で マルサン亡き後金型を引き継いだ 富士ホビーという会社の製品を見つけて購入しました。▼
クリックすると元のサイズで表示します

▼こんなカラーチャート当時はやりましたねぇ。フジホビーは塗料も販売していたようですが全く見た事なかったです。猫が洞が知っているのはレベルカラーとか金属の缶に入ったモデルカラーとかさらに時代が下がるとモノグラムカラーですね。
クリックすると元のサイズで表示します


モールドやプラモの材質をマルサン商店のものと比べてみると全く同一な感じ。案外 マルザン倒産時にバルクで大量に残った100式司令部偵察機やF86Dドッグセイバー、F104などを富士ホビーを起こした人が入手して箱を変更して発売したのかもしれません。デカールは少々違いが見られました。

2005年の10月にはお金の困って格安で売却しました。
0

2005/6/25

NASAで働くB-52とF104の巻  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します

★おおくのXプレーンの発射母機を務めたNB-52です。Xプレーンを高空まで持ち上げて発射する役目のB-52爆撃機改造の機体です。所属は空軍ではなくてNASAだそうです。キット発売の報は模型雑誌で発売予告を見たまでは良かったのですが店頭で遭遇しないうちに生産終了してしまいました、モノグラム社なのでいつでも探せばあるよとウロウロするうちに10年近く経ってしまいました。ようやく本日捕獲しました。
開けてみたらガラガラの大箱にパーツが無造作に放り込まれているため震災直後の家の中みたいな状態で日本に到着しました。内部パーツが干渉しないようにエアークッションを敷いてコレクション棚へ収納しましたが中を見る事はもうないでしょう。X-15の発射母機のモデル化のためにX-15とその増加燃料タンクが付属しています。
クリックすると元のサイズで表示します
F104Gの"NASA仕様"です。清楚で美しいですね。
1

2005/6/23

妖怪の巻  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★83年頃に購入して以来 手放す事なくコレクション棚においてあります。箱天面の絵柄もユーモラスでプラモデルのパーツもくみ上げるとまさに”ねずみ男”ニットーがプラモデルを止めてしまった今となっては再版は期待できないでしょうが(といいながら箱替え版を見た気がしますが...メーカーが移籍したような?)”ねずみ男のプラモデル”と言えば大昔のイマイのマスコットキットがあったものの、当時はたまたまクジの景品で”買えなかった”くやしい思い出があるのです。このキットはそのクヤシさを十分補完するほどの魅力を兼ね備えたキットだと思います。箱天面に貼られたシールによるとお祓いずみらしいんですが本当かなあ?
▼とかいってましたら(7/12)手に入りました。箱も非常な美品で驚いています。少しぐらい年月の重さでくたびれていた方が逆にリアルなのですが状態からして長く保管状態の良い倉庫に入っていたのでしょう。クジでなければ手に入らなかった ねずみ男が今手に入りました。新旧並べてみても箱絵のユーモラスさは変りませんね。
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ