2005/8/17

ロケット機 X-15 各種  プラモデル

★8月15日に載せた桜花(おうか)に比べてこちらのロケットは世界的に有名であります、極超音速域マッハ6.7に到達したXシリーズの機体。スペースシャトルの礎になる技術のテスト機です。X-15の完成予想図しかない頃にキットの開発が始まったようで今の目から見るとメーカーの勇み足が見て取れる楽しいキットです。大きいのと小さいの。エレールのは小学校の頃たまご屋(名古屋)で買ったことがあります。
クリックすると元のサイズで表示します
▼組み立て説明書裏側には往年のオーロラ社が開発したジェット機の数々が紹介されています。キットの出来具合はともかく箱絵が芸術してます。
クリックすると元のサイズで表示します


オーロラはコミックプラモデルでも有名ですがこのように他社が出さないような試作機体をたくさん出してくれたので楽しめるメーカーなんです。

このキットが生まれた頃はドルと円のレートが360円の固定でしたから当時のモデラーにとっては同時代のキットはまさに高価な宝物でした。しかしながら21世紀の現在海外のオークションでこまめにアンテナはって一週間あまりあれば容易に入手ができる今となってはオーロラだのラベールだのエアフィックスだのとありがたがるのは我々ぐらいなもの。

ガンダムしか知らない時代の人たちにはぜんぜんアピールしないのかもしれません。(やれやれ)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ