2005/10/14

マルサンの飛行機 ヒエン  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します

★マルサン商店の飛燕が里帰り。数十年間アメリカのコレクター宅にあったもの。当時どのくらいの日本機プラモがアメリカに輸出されたのだろうか?ブリキのおもちゃも大半が輸出向けだったと聞くが...むこうじゃ日本機はみんなゼロ戦という認識でしかなかったのではないだろうか?箱横を見ると原潜ノーチラス、ダットサン1000、B-47爆撃機などマルサン商店の初期作品が目白押し。製品ナンバーがNo,7019とあるようにマルサンにとっては最初の日本機モデルだったらしい。そのせいかパーツはなんとなくもっさりしているんだけれども(^^;)箱絵のレトロさ加減とか印刷の色ずれとかいかにもよろしい。うすぐらい駄菓子屋の店内であったらさぞかし趣がある箱だろう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ