2006/2/19

Oh! アメリカ人もびっくり!!(な出品か?\\)  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します★模型屋の主人と日本の絶版キットに”突っ込む人々”について話す機会がありました。結論的には ”日本じゃ層が薄くてあきまへん!”て感じ。コレクター人口の厚さがない上にコレクターの若年化が拍車をかけてロボダ●チとかクラ●シャージョーあたりが値をあげつつあるをようになっては...ねぇ。だいたいガンダムの初回放送を放送時に見てない輩も多くなってきて そんときボク生まれてません などと言語道断な連中も増殖中と聞きます。”あんないい時代を生きていないなんて犯罪です。(ぷんぷん)でどうにもならない事を世間に怒っていても仕方ないので私も新天地を求めて海外進出してみました。ほら画像にはSeller informationとあるでしょ(^^;)興味のある方は検索してください。
クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
0

2006/2/15

本当に スカイロケットだった。(T_T)  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★朝の空気も清々しい中 届いたばかりのマルサン/ラベールのダグラスのロケット。1/24記事にて1974年製造の品を紹介しましたが今回はもっと前のマルサンとラベールの提携時代のものです。見かけた都合でなにげにツーショットさせようと気軽に買い求めたのですが思いもかけず高額になってしまいました。まさに天井知らず(スカイロケッッ)でありました。(泣)これもマルサンなら極端に珍重するという風潮のせいかしら?
クリックすると元のサイズで表示します
▲裏面はいわゆる初期マルサンの特徴であるリンドバーグ社をまねた透明の窓が開いています。
クリックすると元のサイズで表示します
▲こんな風に手に取っていると程よく古びた風情が気分を良くしてくれます。長い間倉庫に入っていたらしく陽の目を見るのは数十年ぶりでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します
▲箱の横にはノーチラス号のイラストですがラベールの商品番号が振られています。しかしマルサン版のスカイロケットのキャラメル箱にはART.NO.7053とあるのでマルサン商店製 つまり ラベールのノーチラス号をコピーした国産ノーチラス号のプラモも同時に発売されていた事でしょうから なんともおおらかな時代だったのですね。
0

2006/2/11

空と海の船 35年目の巡り合わせか??  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★本日到着しました、スカイ1(バンダイ製当時もの)。アイテムを発見した瞬間 是が非でも!と100万円入れましたが110万円で競うハズの応札者は終了までとうとう現れませんでした。で...数百円で落札!!(^^;)
クリックすると元のサイズで表示します
●35年前に張られたデカールも本体に残っていました。さっそく当時の潜水艦部分とケツゴウさせると...おおお そこには数十年の時空を超えてスカイダイバーの勇姿が再び!
クリックすると元のサイズで表示します
●当時の未組みプラモと組み済みスカイダイバーのショット、組み済みのスカイ1とダイバーが揃うなんてあらゆる品物はどこかにあるという好例かもしれない?
クリックすると元のサイズで表示します
●出品者から丁寧な手紙が品物にそえられていました。

一言...感動します。

●奇しくも今日は女にフられた日であった。(発生時刻PM18:00~PM20:00頃)数年後の同夜、別れ別れのスカイ1とダイバーが長い歳月の後、また一つに寄り添いあったという出来事に共時性を感じ励まされる(^^;)。9年前寒風の中 走り去る女のクルマを見送るのはとても辛い出来事であった。

★駄文を書き散らしていたらブログ掲載を喜んで出品者様から丁寧なメールが届きました。ありがたやありがたや <(_ _)>
続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ