2006/2/4

寂しそうな怪獣  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★有事に備えて部屋を整理整頓していると なんだか寂しそうな視線を感じ振り返るとそこに居ました。日頃十分かまってあげてないのでこんな時ばかりですが写真撮影。ゼンマイではなくてリモコンコードつなげてモーターで動く奴です。モーターで歩行するバージョンのこのサイズは誰も持っていないでしょう。(あおるあおる→コメント欄参照)東宝や大映などの怪獣と違いデザインが独特な怪獣ですね。(^_^)
0

2006/2/4

届きました。  コンピューター

クリックすると元のサイズで表示します
★eBayでまた買いました。少々 ジャンクなリサです。
(Macintosh XL仕様の最終生産型)
もともとイギリスから来たらしく電圧(240V)の関係で日本の電気じゃ,うんともすんとも言いません。(T_T)他にも悪いところもあるからレストアしてみようと思います。すぐ飽きて売ってしまうでしょうが欲しいものは我慢しないこのくせは何ともなりません。こんな事なら前もっていた奴売らなきゃ良かった(;_;)少し前にも極上品が日本ヤフオクでてたから買っておけば良かったお金を惜しんだあまりに損しました。やはり払う時はぱっと払わないと高くつきますね。
0

2006/2/3

星を獲るもの  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★このキットは飛行機じゃなくてお腹にくくり付けられた大きなミサイルが主役。もともと高々度性能の良いF15に一発必中の大型ミサイルくくり付けて空の遥かの高みまで飛んで、あげくに地球の周りを回る人工衛星にミサイルぶつけて壊してしまおうというシロモノ。大学生ぐらいのときに鳴海のモケイ屋さんで手に取りはしましたが結局買うのやめてしまいました。20年後の今になって欲しくなっちゃって探したところイギリスで発見しました。箱絵はなんだかシャキッとしない絵柄なのですがこの会社の箱は皆こんな感じが多いです。エッシーという会社は戦車やミリタリー物に強い会社でしたがいつの間にか倒産してしまったらしくお店で全然見かけなくなりました。(20年の間には色々あるもんだ)
クリックすると元のサイズで表示します
計画自体は飛行機と人工衛星ではスピードが違いすぎるし地上から両者を鉢合わせさせるなんて技術は至難の業。お金がかかりすぎるという事でやめになったそうです。ミサイルも核弾頭でも積んでればさぞ派手なんだけど実際は破片弾で衛星の通り道にマキびしみたく金属片(魚とる網みたいな物?)をばらまいておいて衛星がそれに引っかかって壊れる(対衝突で破壊)仕組みなんだそうな。(^^;)
クリックすると元のサイズで表示します
●アニメのストラトスフォー(地球に襲来する隕石をジェット機で撃ち落とす話)の発想の源流もこのサテライトキラーから来ているのかもしれません。アニメ未見なんだけども近所のレンタル屋さんにDVDないのです。(T_T)エアフィックスのTSR2は今月発売か?
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ