2006/2/27

ホビータイムの青い空  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します★”ホビータイム”この会社を知ったのは約三十年は前だろう。箱絵の青空が清々しい。飛行場のハンガー格納庫をバックに駐機するこの未知の航空機は米国陸軍が開発したヘリコプターと飛行機のキメラらしい。BELL XV-3とある事から ベル社が開発した試作航空機てことまでしか判らない。プラモ箱は張箱で丁寧な作りにあわせて1950年代の香りがぷんぷんだ。ホビータイム社自体はおそらく1960年代には活動を停止してしまったみたいです。同じ会社の製品にX-18というこれまたコンバーチブルプレーンがある、X-18はホビータイムが倒産後金型がオーロラに移籍して箱替えされて再版されたのでお手持ちや店頭で見た事のある方も読者のなかにはいらっしゃると思う。
クリックすると元のサイズで表示します

●部品も繊細で少しナイフで整えてやればかなり華奢な機体だけにディスプレイ映えする完成品が出来そう。
クリックすると元のサイズで表示します
それにしても50年だっている製品には見えないなあ。四角い木材が入っていたが一体なんだろう??尻餅つかないようにするウェイトかな?(画像 デカールの隣。)

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ