2006/3/28

リバウンド...  プラモデル


クリックすると元のサイズで表示します
★このプラモも過去20年の間に手放したり複数所持して繰り返し循環品であります。猫にマタタビと言いますか見つけると飛びついてしまいます。思い起こせば近所の三味線の先生ちのタンスの上においてあったのを見たのが原初記憶であります。今日たまたまそこの家に35年ぶりぐらいに訪問しました、くだんのタンスもおそらく昔と変わらず同じ位置に鎮座している事でありましょう。(シービュー号はさすがにそのまま残ってはいないでしょう。)思えばプラモデルだけでなく近所のおばあさんも自分と関わりのあるウエットウェアなのであります。
三味線の師匠>”この家が建ったのは伊勢湾台風の時だから昭和32年か34年だワサ、築32年はたつねぇ。
猫が洞>先生 伊勢湾台風の時ですとざっと約40数年は前ですよぉ(^^;)心の声
どうやらこの先生の体内時計メモりは約15年前から時を刻んでいないのであります。三味線、長唄弾きながら芸者ハウス営んで今日まで人生送ってきたのですが昔からかわらない家の造りに”ひょっとして怪獣のおもちゃ残っていませんか?”とのど元まででかかりました。(苦笑)そういえばマルザンのフライデーの手のU字型のブルーのパーツをみたのもココの先生のうちでした。おそらく遊びにくる旦那衆がそこの娘に玩具を十分買い与えていたのでしょうね。
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ