2006/5/31

おっと サンダーバードあったよ!  プラモデル

★明日から6月ですな。(衣替えでつ)サンダーバード という字面だけであれば TBプラモありました。(^^)当時 デパートでみた時震えるほど 欲しかったですが親に遠慮して言い出せませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します
▼既出ですが勘弁してください。写真は撮り下ろしました。
クリックすると元のサイズで表示します
今回 ジャングル状態の物置からその大きさ故になんとか取りだす事が出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
●白いパッケージが凛として かっくいい〜 1976年頃の ムーンベースアルファ のモデル。
クリックすると元のサイズで表示します
●1999年?を記念して?再発売された ムーンベースアルファ 同時にイーグルも再版されましたな。
クリックすると元のサイズで表示します
▲そこにあるのに手が届かない位置にあります。もどかしいです。
0

2006/5/30

サンダーバード、プラモデル大全  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★ようやく 本屋でゲットしました。(近所の本屋さん)レジ店員が最初の妻(0号機)にクリソツ。0号機の実家も近い事もあり ひょっとして本人か?と警戒しましたが名札みたら別人のようで安堵しました。
それはともかく中身ざっとみただけですがビジュアルというよりもイマイという会社の歴史について書かれた本ととらえれば内容も濃いと思います。大きな版のアルバムみたいな本もこれが売れたらぜひ出版してほしいですよね。随所に挿入されている画像も気に入りました。クリックすると元のサイズで表示します●サンダーバードのみならずオーロラのシービュー号にご興味がおありなものか?レター出してみたいですなあ。●中でも驚いた記述がありました昭和42年8月18日”イマイ版”のUSSエンタープライズ号の木型原型の話。エンタープライズのみならず実際にクリンゴン戦艦の原型はイマイに納品されたというもの。イマイ版エンタープライズのサイズは30cmあるというので緑商会のものと同じぐらいの大きさか?とおもわれ。もしでていたらサンダーバードと宇宙大作戦を製品ラインにもつ偉大な会社として歴史に刻まれた事でしょう。昨日からページをめくりながら記憶を呼び覚まそうとしたのですがなんと猫が洞にはサンダーバードプラモに対する確固たる思い出が実はない...ようです(@_@)。確かに5号はゼンマイで疾走し壁にぶつかってガチャといった記憶があるので何度か作ったようです。(それでも1970年代の初めでしょう。)二号については頭の中の記憶は友人の松原聡氏の家でみた二号のみ。いままで思っていたような自分で買ってつくったとした記憶は後天的な記憶のあとづけだった?のか?? 

事実とすると1980年代にいたりバンダイ再版を見かけて”取りあえず確保”した二号とジェットモグラ(モーター)までサンダーバード5号以外のサンダーバードプラモは 買った事がなかったという事になります。(プラモ好きの人種カテの中では珍しいかも?)

いったい 当時は何をして遊んでいたのでしょう?考えられる事は怪獣のソフビ。ソフビはプラモと違って壊れないし組み立てる手間がないので 親も面倒がなく東京方面の出張や近所の”かねます”で潤沢に怪獣ソフビが手に入るし欲しがればなんでも買ってもらえた環境がかえってプラモを遠ざけてしまったようです。

プラモデルが確実に記憶に残るようになったのはを1970年代に入ってから(つまり今度はソフビメーカーが倒産してしまってから)ミドリ商会のエンタープライズ号、マルイのオリジナルメカやレッドバロンロボット(nandemoplamoさんの得意分野ですね。)バンダイの謎の円盤UFOシリーズ、仮面ライダーシリーズ ブルマアクのマグマライザー、ホーク1号、あとに続く一連のウルトラシリーズメカこんな感じでしたかねぇ。
ただ 海外SFドラマはすごく好きで おもちゃのかねます で 宇宙家族ロビンソンのロボット フライデー を探しまわった記憶は鮮明にあります。(今思うとその頃にはマルザンはすでに消滅していたのですがね。)

サンダーバード2号の特徴と言えば 小狸工房さんの言われるように前進翼があります。
クリックすると元のサイズで表示します●現実にも前進翼は最初ドイツで研究開発され終戦により最後はソビエトで開発が継続したこんな機体もありますな へんてこですが実際飛んでいたという事で感心してしまいます。(箱がとれないためぎりぎりまで近づいての撮影 将来 画像は差し替えますね。)
0

2006/5/29

Me262 V056 試作型きました。  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★ハセガワのヒコーキですが店頭で見かけて欲しいと思いつつ結局保護しなかったためにその後苦労したという見本です。Me262型機のヴァリエーションの一つで機首にレーダー搭載したタイプです。いつもの行きつけのお店でも”古いから無い”と断られ中古模型屋さんでも 限定品はある時買うとかなあかんですよ!と諭されてズルズル気がついたら8年近くかかりました。

”猫のようなレーダーひげ”のあるMe262もまたすごみがあるかな?
ハセガワの1998年の限定品だったようです。

モデルアートに広告出してる模型屋さんの ジョーカーさんで買いました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ