2006/7/6

夏だ! 水あそびの季節!  自伝

クリックすると元のサイズで表示します
★やはり水遊びなら夏が本番でしょう!アカデミーの電動潜水艦U-ボートをほとんど半日で作り上げてしまいました。はなはだ水密に疑問有りです。アカデミーのUボートいざ探すとなかなか見つかりません。入手難のキットをこんな風にいい加減に作ってしまい少しもったいなかったです。大砲やらブリッジやらの艤装は面倒でしなかったから部品が余りました。(^^;)

アカデミーのこのキットは童友社のを参考に作られていますが水密のゴムシートの厚さが童友社の何倍厚もあって改善に驚きました。またモデル化の艦タイプもちがって船体にバルジがない型が再現されています。まるでイ401に三本電池積んだみたいなスマートさです。3本搭載可能ですからおそらく矢のように自動浮沈を繰り返すでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します▲七月八日の昼に 試運転に出発しました。
クリックすると元のサイズで表示します
▲引き波をたてながら高速で走ります。(画像中央に注目)
クリックすると元のサイズで表示します
▲遠方で機関停止(T_T)
クリックすると元のサイズで表示します
▲回収作業後の引き上げ...水を押さえた白タオルが痛々しい。
クリックすると元のサイズで表示します
▲原因究明と修理のため分解してみました。

<不具合の原因>
積んだアルカリ電池では重すぎて艦尾から沈降してしまい、その場でマンガン電池に換装したらバランスとれました。童友社よりも断然 新しいといいながらもやはりマンガン電池仕様でした、。
走らせてみると自動浮沈装置が不調に...結果 潜航せずに水上を矢のように駆け抜けてゆきましたが 人工池中央部でモーターシャフトのゴムジョントがはずれ機関が停止、航行不能に陥りました。人が集まってくる前に半泣きで池にズボンごとは入り艦を回収(;_;) 家に持ち帰り解体してみると突貫工事にしては水密は保たれていました。明日も遊ぼうと修理を試みたものの誤ってモーターの配線が断線し 嗚呼 廃艦処分にきまりました。
走りを見た感じでは単三電池三本の大パワーと大型艦という事も相まって舵をいっぱいに切っても小回りは効かないみたいです。
今回は満足いくまで遊べませんでしたがリベンジしたいと思います。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ