2006/11/3

蛇の目の飛行機  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★まさご屋の薄暗がりの中で見つけた時SFモデル???と思いました。鰹節のような胴体に もこ もこ もーこ のキャノピーに ぶんぶんまわる二重反転ターボプロップがチャーミングです。50年ぶりのモデル化で世間をかまびすしくさせているラッパのマーク社製の方を買おうかな?と思いましたがやはり新しいモデルよりも先にご先祖の基本を押さえてから買わないと...

これを機会に50年代発売の初版箱FROG製のもまたさがしてみましょう。(海外だとちゃんと完品が出てくるので驚きです。)やはりそのヒコーキが現役時代の時に発売されたキットを選ぶ方が時代の空気を感じるてゆーか いいです。 あっ コレクターではなくてプラモ作る人は違うかなあ
クリックすると元のサイズで表示します
▲二重反転プロペラ二種類
クリックすると元のサイズで表示します
▲国産のハセガワキットも海を渡ってイギリスで売られる事に...イギリス人画家が日本機を描くとこんな感じ。1970年代初頭の出来事だと思います。
0

2006/11/3

ああ 宇宙大作戦  プラモデル

ネタないです。

オークションも 第一期??????のガラモン出ている(今この瞬間)たぐらいで欲しいモノが無い。
とかいっていたら 宇宙大作戦 (英語名 StarTrek)が コンピュータでよみがえるそうですな。
60年代SFとか おもいつくままググっていたら 棒にあたりました。

この調子で スターロスト 宇宙船アーク号 をリメイクして欲しいです。
こちらは 低製作費の 見てると頭の痛くなる作品ですからSTと比べたら失礼なのですが...
宇宙だからいいじゃん てか オープニングぐらいしか印象に残ってないし当時からまともに見てないから お願いしたいところです。まあ 無理でつね。

http://www.startrek.com/startrek/view/news/article/25055.html
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ