2007/10/4

米戦艦 ミズーリ同型艦  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
戦艦ニュージャージーといえば先の大戦中に竣工した米戦艦で同ミズーリとは姉妹艦なんですが箱をよく見るとニュージャージー フェーズIIと有ります、(@_@)後部が飛行甲板になってるしハリアーが飛んでるし...調べてみると1980年代予備役で眠らせている戦艦(ニュージャージー)を近代改装して現役復帰させる構想があったそうです。その一つが箱絵のような空母タイプの強攻型構想。つまり後部主砲を撤去、トマホーク巡航ミサイル発射管を300本追加+対艦ミサイル ハープーンランチャーを増設、電子機器も刷新、前部の40Cm砲6門はそのままに後部甲板にはVTOLハリアー8機搭載まさに空母とミサイル巡洋艦と戦艦のお子様ランチ風キメラ艦。(おいおい)さらに別の案では全ての主砲塔を取払いトマホーク巡航ミサイル発射管400本装備!!という仰天改造計画もあったようで実現したらさぞ見物だった事でしょう。結局 巡航ミサイルと小規模なハープーンランチャー追加程度で(電子機器の刷新)それ以上の改造計画は実行に移されなかったそうですがフェーズII案は実際に実現して欲しかったなあ。80年代当時としても艦齢が40年はたつ戦艦を現役復帰させるのですからそれはもうお金のかかる話だったのでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します
夏休み頃には模型店の棚に必ず並び中のいくつかはずっと棚に売れ残ってそのまま秋を迎える(笑)というニチモの走る30センチシリーズでしたが小学生の時ならまだしもこの歳で再び買う事になるとは思いませんでした。とにかく実際に行われる事なく終わった幻の構想計画を先取りした形の珍妙な戦艦プラモてことですな。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ