2008/2/24

デロリアンカー少しの間、手元に。  クルマ

クリックすると元のサイズで表示します
★数年ぶりに豊橋のデロリアンカーを訪れました。
クリックすると元のサイズで表示します
▲いままでの店舗は車両置き場に近い性格を強め作業修理工場は別の場所に移動してました。店舗の隣には新築の住宅が建築中など様変わりするものですね。
クリックすると元のサイズで表示します
▲整備しておいてもらいましたので ちゃんと走行可能な状態でした。(笑)
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
▲車体には いろいろステッカーチューンがされておりました。(らっき!)
クリックすると元のサイズで表示します
相変わらず10台位常駐してますが実は他所の修理工場基地には走行中に煙を噴いたり燃えたり全壊したり逆に大事にしすぎていつのまにか動けなくなった行動不能の重症患者達がたくさん置いあるそうです。(@_@)

ショップオーナーと尽きない話の後、その後 デロリアンを自宅にフェリーする事に。↓
クリックすると元のサイズで表示します
▲高速に入る前に高騰著しいハイオクタン燃料を補給する猫が洞氏。デロリアンは車体の重量配分が車体後部にかかりぎみなので燃料を満タンにして前部を重たくしないと乗っていて安定しないのです。(猫が洞 談)
クリックすると元のサイズで表示します
さあ 高速道路をかき分けて行くよ!
★デロオーナーの体験談。高速走ると外国の”牛”さん”や”お馬”さんに後ろ取られてバトルか?なんて事が有りますが実際の性能は お婆車を引いた老女を いきがってあおるようなものですから高速道路でデロリアンをみつけてもいぢめるのはやめましょう。現代の車との性能差は顕著でスポーツ系国産車や輸入車とツーリングに参加した場合まず置いてきぼりにされます。実際にそれで怒りのあまり車たたき売ってしまった人います。(それもどうかと思うが...彼女の事を知らなさすぎでしょう。)

(しばらく ウチの駐車場に棲む事になります。)
クリックすると元のサイズで表示します

運転が辛い、帰還後 運転に気を使いすぎて疲れ果て布団に崩れ折れました。同行していただいた会社の方とも話しましたが この車は 車ぢゃね〜 です。

で さんざんなデロリアン評 ですが 今年 月産 20台 限定生産されるようです。猫が洞はプラモの復刻は反対の立場に有りますが 今回のようなデロリアンの復刻は賛成です。パーツ供給の観点からまたバグフィックスも含めてオリジナル デロリアンの性能向上をも視野に入れた展開がされる事を願います。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ