2008/8/23

NeXT cube  コンピューター

★潜在能力の高さをみるものに予感させる美しいデザインですね。(マシンの中央の大きめのスリットは5インチの光学ドライブのメディア挿入口)

クリックすると元のサイズで表示します
日本の大学にも数百台単位で納入されたという事ですから(キヤノンが代理店)おそらくこいつもそのうちの一台ではないでしょうか?どんな運命をたどりここまで来たのかは内臓のHDにアクセスしてみないとわかりませんけどかなり傷だらけです。研磨水たわしで軽く一皮 むいて さらに基盤を引っ張りだしてみたら040機でした、(初代は68030)これからは観賞用か踏み台として働いてもらおうと思います。

世界最初のWebサーバとウェブブラウザをうみだしたこのマシンを踏み台に使う なぞ ばちあたりか?  筐体はつや消し黒の一色ですので傷がつきやすくなかなか状態のよいマシンは見つからなくなってます。

OSのNeXT Stepは後年 MacOSの基幹部分にもなりこうしてMacを操っている今も脈々とNeXTが息をしている。やはり時代を先取りしたマシンの名は伊達ではないなあ。
0

2008/8/20

外国の模型の本  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します

▲ひと月近く待たされて ようやく到着しました、外国はいいな...これで邦訳版が出てくれたらいいのにな。
一口でいえば プラモの箱絵の原画集なのですが 原画が残ってるってことがすごいですなあ。この本には1950年代ものから現代に至るまでの作品が収録されてて書棚に一冊あれば楽しめる本だと思います。

中身パラ見 。。。

クリックすると元のサイズで表示します

やはり模型の中では ヒコーキ好きだなあ みてるとワクワクしてくる、
0

2008/8/19

模型の歴史の本  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
▲模型の歴史の本 買いました。発行は昭和61年とありますがおそらく 協会に問い合わせればまだ在庫あるんではないかなあ?思わず ヤフオクでビットしてしまいましたから高かったかも?(まあいい)パラ見したら 次のような記述が マルサン商店が プラモデルを商標登録してしまったために 他社が使えずに困った!て話の中なのですが...

クリックすると元のサイズで表示します


▲昭和36年当時から 日本プラスチックが (国産プラボビーとしては)最初という話はあったのですなあ。

時代は下がって 平成の初め...当時の研究書...プラモデルの王国で有名な 高見けいいちろう氏の プラモデル レテ 創刊号、 
クリックすると元のサイズで表示します

なかなか現物に出会えなかったので今回好機でした。平成5〜6年頃の発行でパソコン通信もしくは 季刊宇宙船の読者交流欄が幅聞かせていた時期です。(遠い目)プラモの研究書は海外ではいろいろ出てて楽しめるのです、国産プラモ50周年だしもっと盛り上がって日本語で読める研究書出てくれるとうれしいです。(昭和の未来科学(ロボット編)みたくカラーで)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ